本能覚醒!『ジュウオウジャー』のジュウオウキングが大胆なアレンジで登場!【食玩ナウ(NOW)】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

バンダイキャンディ事業部が展開する完成品フィギュア「ファイティングアクションロボ 勇動(ゆうどう)」。完成品ロボットアクションフィギュアを、手頃なサイズと価格でリリースしていくシリーズです。

 

第1弾となったのは、『動物戦隊ジュウオウジャー』より、合体ロボット、ジュウオウキング(1・2・3)!

 

ここでは、製品版にて商品の詳細をお届けします!

1オープンウインドウの箱に収まったその勇姿は、戦隊もののロボットというイメージを塗り替えるヒロイックなプロポーション。さらに可動も楽しめるとなれば、これは期待せずにはいられません!

 

2

3頭身高く脚も長く、バンダイの培ってきたロボットへのノウハウが結集したような体型です。

 

4

5そして、よく動く関節群。頭部と腰は回転、肘は120度近くまで深く曲がります。膝も同様に120度ほど、さらに脚首は内側に倒れ込んで設置性を高めています。キューブシャークの前たれは大きく持ち上がって干渉しません。

 

6可動を駆使して行きましょう。すっきりとまとまった立て膝ポーズ。

 

7ちょっとコミカルなダッシュポーズ。

 

8上段回し蹴り。キューブライオンの脚部は設置面積が広く安定感抜群のため、かなり無茶なポーズでもガッチリ自立します。

 

9ファイティングポーズ。腰が入ること入ること!

 

10

11プロポーションこそアレンジされているこの“勇動”ですが、ジュウオウキューブの魅力である、ブロックや建築物のような直線デザインはそのままなので、すっくと立ったスタンダードなポーズも決まります。

 

12キングソードを構えて。武器を持つとより凛々しくなりますね。

 

13必殺、キングソード・ジュウオウ斬り! このようにガツンと動かすのも良いですが……。

 

14劇中のプロップを思わせる、すっくとしたポージングでもまたカッコイイのです。膝や肘を少しだけ曲げて、着ぐるみらしさを演出するのも楽しいですね。

 

15プロップ準拠のポージングにも、アニメのようなド派手なアクションに寄せたポージングにも、応えてくれるのがこの“ファイティングアクションロボ 勇動”の嬉しいところ。ニチアサを見るときは傍らに置いて、放送で見たポーズをつけてみるのも楽しそうですね。

 

 

DATA

ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング

  • 彩色済み完成品フィギュア1セット+ラムネ菓子1個
  • 全1種
  • 2016年4月26日発売
  • 920円(税抜)
  • 発売元:バンダイキャンディ事業部

 

関連情報

 

 

(c) 2016 テレビ朝日・東映AG・東映


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery