生誕30周年!「聖闘士星矢」のすべてが秋葉原に集結!!

名作『聖闘士星矢』の生誕30周年を記念し、2016年6月18日(土)〜6月29日(水)にかけて「聖闘士星矢 30周年展 Complete Works of Saint Seiya」が東京・秋葉原UDXで開催されます。

 

 

本企画展は原画・アニメーション・フィギュアなど作品に関連するあらゆるアイテムを集めた展示が並べられ、これだけの規模での開催は『聖闘士星矢』史上でも初とのこと。それだけに見どころのポイントも多くなっています。

 

 

シリーズ作品の原点! 車田正美先生が手がけた漫画原作にまつわる展示

 

原作漫画より「青銅聖闘士(ブロンズセイント)」である星矢・一輝・氷河・紫龍・瞬それぞれにフィーチャーした名シーンの原画を壁面にあしらったゾーン「ヒストリーコリドー」があるほか、車田先生が執筆した貴重な生原稿や、原画を立体的に展示した「原作展示エリア」があります。

 

原画には車田先生からのメッセージが添えられたものもあり、作品の世界観を存分に楽しめる内容となっているそうです。 なお、この原作展示エリアでは本邦初公開となる作品制作現場の一部や、車田先生の私物も特別に展示する予定となっています。

 

 

 

今なお世界中の人々を魅了し続けるアニメ関連の展示エリア

 

「アニメ展示エリア」では、アニメシリーズの貴重な設定画や制作資料を過去最大級のボリュームで展示。テレビアニメ第1期の『銀河戦争編』から『黄金十二宮編』を中心に、作中の名場面カットもずらりとならびます。

 

 

また、アニメでキャラクターデザインを担当した姫野美智さんが本展示会のために描き下ろしたイラスト原画も見られます!

 

さらに、星矢の聖衣を装着できる映像体験コーナー「バーチャル聖衣」にも注目! 映像ではパーツが飛んできて自分の体に装着され、まるで星矢になったような気分を味わえるとのことです。

 

 

特別映像を上映する「ショートムービーシアター」では、テレビシリーズの名場面を集めたダイジェストや、あの名作オープニングを珠玉のメンバーでリメイクした映像が初公開となるそうです。

 

 

フィギュア系の展示や企画展オリジナルのグッズも充実!

 

展示物のなかでも目玉と言えるのが、ファンからの人気も高い「黄金聖闘士(ゴールドセイント)」たちの等身大立像を配置した「十二星座黄金聖衣展示エリア」です。 すでに制作されていた双子座のサガ、獅子座のアイオリア、乙女座のシャカ、蠍座のミロ、射手座のアイオロス、水瓶座のカミュら6体に加え、新たに牡羊座のムウ、牡牛座のアルデバラン、蟹座のデスマスク、天秤座の童虎、山羊座のシュラ、魚座のアフロディーテの6体を制作。このたび、黄金聖闘士全12体が勢揃いとなります。

 

 

「フィギュアヒストリー展示エリア」には、歴代の聖闘士星矢フィギュア200種類以上が集結。魂ネイションズのブランド「D.D.PANORAMATION」のフィギュアを使用した「十二宮編」「ポセイドン編」「冥王ハーデス十二宮編」の巨大ジオラマがお披露目となるほか、「聖闘士聖衣神話 黄金魂」シリーズなどが展示されることが明らかになっています。

 

「グッズ販売エリア」では、神聖衣をまとった黄金聖闘士たちを商品化した「聖闘士聖衣神話EX」より、「サジタリアスアイオロス」と「ピスケスアフロディーテ」のオリジナルカラーエディション(各税込み8,640円)が販売されるので、お見逃しなく!

 

 

そのほかパンフレットを始め、缶バッチやペン、Tシャツなど限定グッズも揃っています。展示会を堪能した後は、自分へのお土産を買って帰るのも良いですよね!

 

DATA

聖闘士星矢 30周年展 Complete Works of Saint Seiya

  • チケット:大人・大学生 当日1,500円/中・高校生1,000円/小学生以下無料 大人・大学生 前売り1,300円/中・高校生800円/小学生以下無料
  • 開催期間:2016年6月18日(土)〜29日(水)
  • 営業時間:平日12:00〜21:00/土日 10:00〜19:00
  • 会場:秋葉原 UDX 2F AKIBA_SQUARE
  • 内容:原画、アニメ、フィギュアの展示および体験コーナーなどの実施
  • 主催:聖闘士星矢 30 周年展実行委員会
  • 協力:車田プロダクション、集英社、秋田書店、バンダイ

 

関連情報

(C)車田正美 (C)車田正美・東映アニメーション (C)車田正美/集英社・東映アニメーション

上に戻る