『ZOIDS』「ブレードライガー」アタックブースター仕様、彩色見本完成!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コトブキヤから、『ZOIDS』より「ブレードライガー」がアタックブースター仕様で登場! 2016年10月発売予定です。

先日案内開始時にご紹介した記事ではCG着色サンプルでしたが、今回はより製品に近い彩色見本でのご紹介です!

 

参照:「ブレードライガー」がアタックブースター仕様でコトブキヤから登場!

 

N20160614ZA_1

 

アクションフィギュアZAシリーズ第4弾は、蒼き獅子「ブレードライガー」がアタックブースター仕様にて登場!
先のムラサメライガーからのノウハウとユーザーからの要望を反映し、アクション性をさらに向上させた構造となっています。
アタックブースターはもちろん取り外しが可能で、通常のブレードライガーとしても楽しめます。
プラモデルHMMシリーズと異なり、箱から出すだけで「吠える」「斬る」「走る」など、アグレッシブなアクションポーズを再現できます。

 

N20160614ZA_2

 

N20160614ZA_5

 

N20160614ZA_6

 

N20160614ZA_10

▲Eシールドジェネレーターは各部が可動、特に頬の部分は引出式の2重関節を採用しているので、前脚の可動を妨げないようになっています。前後脚のコンプリッション・リフリジェレイターも2重関節構造となり、各関節の可動範囲も広くなっています。

 

N20160614ZA_12

 

N20160614ZA_14

 

N20160614ZA_15

 

N20160614ZA_16

 

N20160614ZA_17

 

N20160614ZA_18

▲プラモデルとアクションフィギュア両方のノウハウを詰め込みシリーズ最大の可動範囲を確保!後頭部から伸びる動力パイプは合成ゴム製となっており、ユーザーから要望の多かった、上を向いて「吠える」ポージングもカッコよく決まります。また、胴体との接続基部は引出式になり、脚を交差したような立ち姿も再現が可能です。

 

N20160614ZA_19

 

N20160614ZA_20

 

N20160614ZA_21

▲背部装甲下のロケットブースターは基部が可動、「レーザーブレード」は2箇所で可動します。「アタックブースター」はレーザーブレードから取り外しが可能、装甲が展開し“高機動ロケットブースター”を露出させることが出来るほか、砲身部が伸縮し「ハイデンシティビームキャノン」の形態としても使用できます。

 

N20160614ZA_22

 

N20160614ZA_23

 

N20160614ZA_24

 

N20160614ZA_25

 

N20160614ZA_27

▲コックピットキャノピーの開閉ギミックも健在。

 

N20160614ZA_28

 

 

<DATA>

ZA ブレードライガーAB

■1/100スケール ABS製アクションフィギュア

■全長:約230mm

■付属品
・ブレードライガー本体
・アタックブースター×2(左右分)
・フライングベース対応差し替え用ジョイントパーツ×1

■設計:芦沢勝

■発売日:2016年10月発売予定

■価格:6,800円(税抜)

■発売元:コトブキヤ

 

<関連情報>

 

(C) TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • Gframe05_EC
  • 20190412sugumikouhen01catch
  • 20190412sugumizenpen01catch
  • bppz1903_re01_ReZero_ec
  • bppz1903_re02_loveliveSS1_ec
  • ec_06
  • ec_ziou_00
  • ec_001