【明日解禁!】玩具の領域を突破!?鉄道好きも大注目の「プラレールアドバンス」新アイテム!巨大ジオラマ画像も必見!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

大人気の「プラレールアドバンス」シリーズに革命! 1車線を複数車両が走行できる「連続発車ステーション」が新たに登場します。57年の歴史を持つ「プラレール」の進化を目撃してください!!

プラレールアドバンス

山手線巨大ジオラマ▲新システムを使った巨大ジオラマ! 詳しくは記事後半で紹介します。

 

 

「H5系新幹線・連続発車ステーションセット」が発売!!

「プラレールアドバンス H5系新幹線・連続発車ステーションセット」が2016年6月23日に発売! いま大注目の「H5系北海道新幹線はやぶさ」と、革新的なアイテム「連続発車ステーション」がセットになったお得な商品です。

H5系新幹線・連続発車ステーションセット

 

DATA

プラレールアドバンス H5系新幹線・連続発車ステーションセット

  • 発売日:2016年6月23日(木)発売予定
  • 希望小売価格:6,500円(税抜)
  • 発売元:タカラトミー
  • 商品内容: H5系新幹線×1編成(4両)、連続発車ステーション本体×1個

※写真のセット以外のレールは別売
※「連続発車ステーションセット」は単品でも発売されます。
※単4乾電池3本は別売

JR北海道商品化許諾済

 

「連続発車ステーション」がレイアウトに革命をもたらす!

上で紹介したセットに含まれる「連続発車ステーション」とはいったい何か? それは、今回初登場となる“センサー内蔵の特別な駅”です!

 

●「連続発車ステーション」解説動画

 

 

まず到着した車両を駅で停車させます。そして、センサーが後続車両の接近を感知すると、停車している車両を自動的に発車させるのです。これによって、同じ路線に複数車両を一定の距離を保った状態で走らせることが可能になります。

▲多くの車両を同時に走らせれば、すれ違いや並走を存分に堪能できます!!

 

▲停車した車両を数秒後に自動発車させる機能も。

 

▲向かい合わせるように組むことも可能。複線で連続発車を楽しむことができます。

 

「連続発車ステーション」は、複数の車両同士の動きを連動させる「アドバンスリンクシステム(以下、ALS)」の第1弾アイテムとなっています。今後もほかの「ALS」関連商品が登場するので注目です!

 

●「アドバンスリンクシステム」紹介動画

 

 

おもちゃショーに巨大ジオラマが出現!!

先日開催された「東京おもちゃショー2016」のタカラトミーブースに現れた、長辺約10メートルの「山手線巨大ジオラマ」を紹介。こちらは、「連続発車ステーション」を使って山手線29駅を再現したものです。なんと、実際と同じ57両編成が自動走行するという、見ごたえバツグンの内容で、来場者を驚かせました! たくさんの車両の同時走行させるという「ALS」のコンセプトをみごとに体現しています!!

 

 

 

 

山手線巨大ジオラマ

▲いたるところで停車と発車が自動的に繰り返される様子は圧巻。

 

交互発車ステーション

交互発車ステーション

▲会場では、今後発売予定の「ALS」対応商品の情報も公開に。こちらは3つのモードを搭載した商品「交互発車ステーション」。発売は2016年8月発売予定、価格は3,500円(税抜)。

 

 

「プラレール」・「プラレールアドバンス」とは

初めての方のためにちょっと解説。「プラレール」は、1959年に誕生した青いレールが特徴の鉄道玩具。2016年の今年で登場より57年目を迎えます。「プラレールアドバンス」は、2011年に「プラレール」から派生した新シリーズ。従来の「プラレール」のレールを使ってリアルな車両走行が楽しめることから、新たなファンを獲得しました。今年で誕生から5周年を迎え、新幹線やSLなど多彩な車両が続々とラインナップされています。

 

●「プラレールアドバンス」の紹介映像

 

<「プラレールアドバンス」の特徴>

  • 「プラレール」よりリアル志向のデザイン
  • 1両は約94ミリで4両編成(「プラレール」は3両編成)
  • 「プラレ-ル」のレールの片側を走行できる
  • ぎりぎりのすれ違い走行や並走を再現可能
  • スイッチ切り替えで前進や後進ができる
  • 複線レールを使えば4編成の同時走行も可能
  • 「プラレール」のレール・情景部品も一部使用できる
  • 連結や遠隔のリモコン操作に対応した車両もある
  • 「プラレール」より走行音が少し静か

 

 

●「プラレールアドバンス 500 TYPE EVA」

プラレールアドバンス 500 TYPE EVAプラレールアドバンス 500 TYPE EVA▲『エヴァ』と「プラレールアドバンス」のコラボ商品「プラレールアドバンス 500 TYPE EVA」の発売も予定されています! 発売は2016年7月予定、希望小売価格は3,750円(税抜)。JR西日本商品化許諾済

 

●アドバンスコントロールシステム(ACS)

 IRコントロールユニット IRコントロールユニット▲「プラレールアドバンス」では、「ACS」対応車両に別売りの「IRコントロールユニット」を使用することで、専用コントローラで直感的に「発車」「加速」「停車」「前進後進」が楽しめます。

 

 

新アイテム「連続発車ステーション」の登場で、レイアウトの楽しみがさらに増して、より奥深くなる「プラレールアドバンス」の世界。親子で遊ぶのはもちろん、大人が鉄道玩具“再デビュー”しちゃうのもアリかもしれませんよ!

 

関連情報

 

 

(C) TOMY
(C)カラー


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery