『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』×『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』プロデューサトークイベントround.4が開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』と『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のプロデューサーがトークショーを行なうイベント「『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』×『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』プロデューサトークイベントround.4」が、7月29日、新宿ピカデリーにて開催されました。

 

▲イベントのようす。前回のトークショーで『THE ORIGIN』から『サンダーボルト』に引き継いでいたジオン軍旗の返還式が行われました!

▲イベントの様子。前回のトークショーで『THE ORIGIN』から『サンダーボルト』に引き継いでいたジオン軍旗の返還式が行われました!

 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、先日『IV 運命の前夜』が11月29日に全国でイベント上映/Blu-ray先行販売/先行有料配信されることをお知らせしましたが、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』も、7月29日から『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』のBlu-ray&DVDが一般販売されています。

 

当日は、THE ORIGINの谷口理プロデューサーと、サンダーボルトのり谷口理プロデューサーのみならず、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『ガンダムビルドファイターズトライ』の小川正和プロデューサーや、若井おさむさん、ガンダム系のイベントではおなじみのぬまっちさんも登壇! トークが繰り広げられました。

 

会場では、『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』Blu-ray&DVD発売記念として4K上映が行われました。まずはその感想から……

 

ぬまっち:手書きなので4Kで観ると細部まではっきり見えました。
小形:あまり観てほしくないところや直視できないシーンとかもクリアに見えますね(笑)
若井:腕を切るシーンは原作にありませんが、敢えて入れたのには意図があるんですか?
小形:松尾監督は、ダリルのイオに対する決意をより高めたかったと言っていました。
若井:あのシーンがあるからダリルに感情移入できました。あとやっぱり音楽がすごく合いますよね。音がそれぞれステレオに聞こえますし、ガンダムの怖さが凄く伝わりますよね。最後カーラ先生が自爆しようとしてたところにビームサーベルがグサッってなった瞬間に、ジャズが流れ出すじゃないですか? あの時めちゃくちゃ痺れるんですよ。それこそサンダーボルトが(体に)落ちるみたいな。そこからテンションがすごく上がるんです。
ぬまっち:あれで興奮するって若井さんかなり異常ですね(笑)

 

 

その後、谷口プロデューサーと小川プロデューサーが登壇。サンダーボルトの感想へと話題は移ります。

 

谷口:続編が楽しみですね(笑) 『サンダーボルト』は最初みたとき、R指定がつくだろうなと思いましたね。原作もそうですが結構きわどいので、これがR指定つかなかければなにやってもいいなって思いました(笑)
小形:全部映倫さんに見て頂いたんですけど、逆につかないんだと思いましたね(笑) ガンダムの初のR指定っておもしろかったのにちょっと残念でしたね(笑)
小川:大変なことしてるなと思いましたね。監督の松尾さんも自分が新人の時に仕事をさせていただいたので……。(松尾監督は)昔はもっと優しかったんですけどね(笑)

 

 

話はさらに、さまざまなガンダム作品の裏話などへ……。

 

【富野さんとは】

若井:僕は10年くらい前にご挨拶させて頂いて、「僕はね、たまたまテレビで君をみたよ。今すぐ連邦の制服を脱ぎなさい!他の事をしなさい!」って言われましたね(笑) ここまで続けてしまいましたね。

 

【谷口Pに対し】
ぬまっち:みんなが気になっている、ララァの声が決まりましたけど。
谷口:アフレコは終わっているんですけど、そのあと早見さんは池田さん、古谷さんとお食事してましたよ。すごく良かったです。やっぱり大きい前任者がいますので、すごい緊張感の中でやってました。いろいろ意見はあると思いますが、期待して楽しみしてくれたらと思います。
ぬまっち:僕らは最初のガンダムを知っておりますので、それとはまたちょっと違うララァをみられるのは嬉しいですね。

 

【最後に】
小形:『サンダーボルト』は僕も皆さんも疲れたと思います(笑) またいろいろと『サンダーボルト』もこのあとDVDの売り上げ次第でなんかあるといいなと思いますので、また皆さんと来年お会いできると嬉しいですね。それまではここにいるお2人(谷口P・小川P)のつくる「ガンダム」で楽しんで頂いて、何かあるかもしれない『サンダーボルト』に備えて頂ければと思います。

※敬称略

 


 

 

この夏も盛り上がるガンダムシーン。電撃ホビーウェブでも、今後の展開を逐一レポートしていきます!

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201901_re04_SAOCR_ec
  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec