ウルトラマンが「いたずらBANKシリーズ」に参戦!「ウルトラマンバンク」2017年1月発売決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ニューヨーク近代美術館のMoMAストアでの取り扱い品にも選ばれた貯金箱「いたずらBANK(バンク)」を製造している株式会社シャインは、今年で放送開始50年を迎えたヒーロー「ウルトラマン」を採用した「ウルトラマンバンク」を2017年1月に発売します。

 

img_112102_main

 

「ウルトラマンバンク」では、箱からキャラクターが顔を出してコインを貯める「いたずらBANKシリーズ」とは異なる新しいメカを採用。ウルトラマンが宿敵のバルタン星人と対峙し、光線を放っているジオラマとなっています。

 

ウルトラマンのスペシウム光線をイメージした透明のガイドレールにコインをセット。スイッチを押すと、光線の効果音とともにガイドレールが光ってコインがバルタン星人に向かって走り、激突する寸前にコイン受けに落ちる仕組みになっています。コインが落ちると同時にバルタン星人が腕を揺すって不気味に笑うなど、音と光と動きでシーンを演出します。

 

放送開始50年を迎えるヒーローの商品化に当たって、当時の子供達を意識したこだわりを随所に散りばめられているのもポイント。ジオラマは「ウルトラマン」の第16話「科特隊宇宙へ」の1シーン、R惑星での対決シーンをイメージしたもので、劇中と同じくウルトラマンのマスクはBタイプ、バルタン星人は二代目のデザインにこだわって表現されています。

 

また効果音は、ウルトラマンの声、ベーターカプセルのフラッシュ音、カラータイマーの点滅音、バルタン星人の声など多彩で、一連の音声パターンは8通り。子供の頃から何度も見たおなじみの光景がいつでも楽しめます。パッケージと貯金箱の台座部分には、有名な怪獣絵師の開田 裕治氏の描き下ろしイラストが使用されています。

 

「ウルトラマンバンク」は、今後、流通向けの商談会である「2016年末受注会 in Kawada」の東京会場、大阪会場で展示される予定です。

 

【『ウルトラマン』とは】
1966年(昭和41年)7月から1967年(昭和42年)4月に全39話が放送された“空想特撮シリーズ”の第二弾。怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、それに協力するM78星雲光の国の宇宙警備隊員ウルトラマンの活躍を描く。最高視聴率42.8%、平均視聴率36.8%を記録。巨大変身ヒーローものの原点ともいえる作品。

 

商品概要

ウルトラマンバンク

■発売日:2017年1月予定
■価格:3,500円(税別)/3,780円(税込)
■販売先:国内の玩具・雑貨取り扱いの販売店、販売サイト
■商品サイズ:H224mm×W170mm×D84mm
■使用電池:アルカリ単3電池3本(別売)
■対象年齢:6歳以上
■発売元:株式会社シャイン
※日本で使用されているすべての硬貨に対応しています。
※コインは500円硬貨で約80枚収納可能です。

 

関連情報

 

(c)円谷プロ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery