『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』より、あのダース・ベイダーと新たな帝国軍兵士・ショアトルーパーが登場!「ムービー・マスターピース」にラインナップ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の前日譚を描く、ファン待望のシリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』より、あのダース・ベイダーがホットトイズの送るハイクオリティフィギュア「ムービー・マスターピース」に登場! さらに、『ローグ・ワン』にて初登場となる新たな帝国軍兵士・ショアトルーパーの商品化も明らかとなりました!

 

 

このたびの立体化は、両商品ともに1/6スケール。全高約35センチとなるダース・ベイダーは、彼の大柄な体格を再現するべく、新規ボディーを開発したとのことです。

 

 

ダース・ベイダーの特徴といえば、彼の生命維持装置でもある漆黒の装甲服。独特な形状のマスクとヘルメット、胸元に備えられた制御機能パネル、アウター・クロークやインナーの黒いスーツなど、細部に至るまでのこだわりが作中そのままの特徴をとらえています。

 

 

アクセサリーとして、ベルトに下げておくことが可能なOFFモードのライトセーバーが付属。そのベルトにはLEDによるライトアップ機能が搭載され、スイッチ類のリアリティを表現しています。装甲の光沢や質感を再現するため、塗装には業界トップクラスの技術が用いられているとのこと。新たな物語によってスクリーンに帰還を果たすダース・ベイダーの魅力を、余すところなく詰め込みました。

 

 

一方のショアトルーパーは、熱帯の惑星・スカリフで活動する帝国軍兵士。そんな気候に合わせてか、一般的なストームトルーパーとは形状やカラーリングが異なる装甲服を着用しています。

 

 

独特なフォルムのヘルメット、ブルーのカラーが施された装甲、ポーチがついたベルト、インナーに着用している黒のアンダースーツ、ブラウンのパンツなど、全高約30センチのボディーに込められたこだわりが光るフィギュアとなっています。実際の装甲に付着しているかのような汚れを表現したウェザリング塗装もポイントのひとつ。過酷な環境で戦うショアトルーパーたちの姿を完全再現しています。

 

 

こちらにはアクセサリ—として、武器のブラスター・ライフルが付属。2体ともにセットになっている豊富な差し替え用ハンドパーツを使い、さまざまなシーンを演出することが可能となっています。ビジュアルデザインが施された特別仕様の台座もあり、ディスプレイがより楽しくなりそうです。

 

 

両商品ともに発売は2017年1月を予定しており、それぞれ価格は「ダース・ベイダー」が税込み35,000円、「ショアトルーパー」が税込み29,000円となっています。『スター・ウォーズ』ファンであれば、一度は手に取ってみたいアイテムとなりそうです!

 

 

DATA

【ムービー・マスターピース】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』1/6スケールフィギュア ダース・ベイダー

  • 価格:35,000円(税込)
  • サイズ・可動ポイント:高さ約35センチ、30箇所以上可動
  • 発売日: 2017年1月発売予定

 

【ムービー・マスターピース】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』1/6スケールフィギュア ショアトルーパー

  • 価格:29,000円(税込)
  • サイズ・可動ポイント:高さ約30センチ、30箇所以上可動
  • 発売日: 2017年1月発売予定

 

 

関連情報

 

 

(c) & TM Lucasfilm Ltd.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery