【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】ヨーンが対峙したガンダムチーム。その実態に迫る――!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『月刊コミック電撃大王』で好評連載中のコミック、『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス』。第1話ラストで物資運搬シャトルからの救難通信をキャッチした地球連邦軍のパイロット、ヨーン・ユルヤナはジムⅢ・D(ディフェンサー)で現場に急行します。そこで目にしたのは、ウワサのガンダムチーム!!?

 

ph01

 

ではなくて……

 

ph02旧式のMSにハリボテを取り付けた「パチモン」ガンダムチームだったのです!

 

ここでは、このパチモンガンダムチームについて、本物と偽物を比較してその違いを明らかにしていきます。

 

 

パチモンガンダムチームのMSと装備

ヨーンが遭遇したパチモンガンダムチームの正体は宇宙海賊。第一次ネオ・ジオン戦争後の混乱の最中にあるこの時代、海賊行為を働く輩は決して少なくなかったようです。海賊たちのMSは廃棄された機体を修繕したものや盗品だったのでしょうが、性能に関係なくZガンダムや百式といったメジャーなMSに偽装することの効果は絶大だったことは間違いありません。

 

ph03▲海賊たちは頭部など機体の一部のみをハリボテで偽装し、ガンダムを騙っていました。視認性の悪い宇宙空間という環境と、ガンダムというネームバリューが作戦の肝なのでしょうが、偽装の稚拙さゆえにヨーンには簡単に見破られてしまいます。

 

 

パチモンガンダムチームの編成

パチモンガンダムチームは、Zガンダム、百式、ガンダムMk-Ⅱの3機で編成されていました。それぞれベースとなったMSは異なりますが、武装は全機ザク・マシンガンを使用していました。ただし、パイロット含め戦闘力は模倣元のMSと比べるべくもないようで……。

 

●MSZ-006 Zガンダム
ph04左が本物のZガンダムで、右がパチモンZガンダム。ベース機はザクⅡで、ハリボテの頭部が取り付けられています。シールドなどがツートンカラーになるなど、Zガンダムらしい意匠は踏襲しようと頑張っているようです。

 

●MSN-00100 百式
ph05左が本物の百式、右がパチモンの百式。ジムがベースとなっており、機体色を金色にしたほか、肩には「百」の文字が。背部のウイング・バインダーがハリボテとなっています。もちろん、装甲に耐ビーム性能はありません。

 

●RX-178 ガンダムMk-Ⅱ
ph06こちらも左が本物で右がパチモノ。ガンダムMk-Ⅱをもとに開発されたティターンズの量産機、バーザムをベースとしています。もしかするとパイロットも元ティターンズ兵だったのかもしれません。特殊な形状をしたバーザム専用のビーム・ライフルは装備していません。

 

 

ZZガンダムの行方

ph07ガンダムチームの中核であったZZガンダムですが、パチモンガンダムチームには含まれていません。第一次ネオ・ジオン戦争で活躍したとはいえ最新鋭のガンダムだけに、地方の海賊たちは知る由もなかったのか、それとも他に理由があるのか……。

 

なお、第一次ネオ・ジオン戦争末期に大破したZZガンダムは、改修された後、木星船団と共に木星へと旅立っていったともいわれています。

 

 

激突!! ヨーンVS宇宙海賊

正体がバレてしまったパチモンガンダムチームは、開き直ってヨーンの駆るジムⅢ・Dに攻撃を仕掛けます。3対1と数の上では不利なヨーンですが……。月刊コミック電撃大王2017年2月号(発売中)に掲載されている第2話では、ヨーンと宇宙海賊の戦いが描かれます。ROHGUN氏の描く迫力のMS戦を、ぜひご自身の目で確かめてみてください!!

 

ph08▲「審判のメイス」劇中では最新鋭の量産機であるジムⅢ・D。パイロットであるヨーンの力量も含めて、海賊ごときに遅れは取りません!!

 

今回解説した宇宙海賊のような端役でも、細かい設定が充実しているのがガンダムシリーズの魅力のひとつです。電撃ホビーウェブでは、こうした小ネタも積極的に拾って解説していくので、コミックと合わせてチェックしてくださいね!!

 

関連情報

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery