『ドラゴンボール』新たな挑戦者の参入でバンプレストの「造形天下一武道会7」は新時代に突入!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『ドラゴンボール』を題材とし、造形師たちが腕を競うバンプレストの「造形天下一武道会」もすでに第7回目! 今大会では参加者の公募制が導入され、新規チャレンジャーが多数参戦! 結果として優勝を含め3人が公募からの入賞入りを果たすという大荒れの大会となりました。それではその波乱に満ちた結果を、入賞作の撮り下ろし写真とともに発表いたしましょう!

 

 

各作品はバンプレストのプライズフィギュアとしてすべて商品化される予定です。そちらのスケジュールのチェックもお忘れなく!

 

優勝

ミスター・サタン/稲坂浩臣(STUDIO24)
(2017年5月登場予定)
_MG_0509優勝の栄冠に輝いたのは稲坂浩臣氏による「ミスター・サタン」!

 

公募によって参加した稲坂氏がいきなりの優勝を勝ち獲ったという点でも、これまでの大会の「人気キャラクターが優勢」という風評を覆したという点でもインパクト絶大な展開となりました。

 

しかしその意外な展開を納得させる造形力は本物! 渾身の一撃を繰り出す迫力と、それでも決まりきらないサタンのコミカルさが絶妙に融合したバランスに仕上がっています。

 

_MG_0515どの角度から見ても「鳥山明先生が描く絵」として成立しているのが素晴らしい。髪の毛と開いた口を含めればほぼ3頭身という、動きをつけるには難しいプロポーションでここまで勢いを感じさせるポージングが見事。

 

_MG_0519特徴的な髪型、くどいぐらいに濃い眉とヒゲ、そして大きく開けた口の中までしっかり造形!

 

 

準優勝

ブロリー/佐藤潤(造形チームJ’sモデル)
(2017年6月登場予定)
_MG_0503新規公募枠からの参加となった佐藤潤氏の作品。静的なポーズと圧倒的な筋肉表現との対比が、「伝説の超サイヤ人」としてのブロリーの存在感を演出しています。

 

 

出場作品

孫悟飯(超サイヤ人2)/HYO(マッド・ハンズ)
(2017年5月登場予定)
_MG_0500こちらも新規公募枠から入賞となったHYO氏。セルに強烈な一撃をくらわせる悟飯を迫力の造形で立体化! 原作にあるキャラクター上の描線もうまく造形に取り入れ、迫力を増す演出としています。

 

 

出場作品

ピッコロ/中澤博之
(2017年7月登場予定)
_MG_0495ナッパの攻撃から身を呈して悟飯を庇い満身創痍となったピッコロ。シーンのドラマ性を表現し切った造形だけでなく、ボロボロになった道着や体表などの圧倒的な情報密度に注目!

 

 

出場作品

ブルマ/カイTK
(2017年7月登場予定)
_MG_0484超戦士たちが渦巻く本大会で一輪の花を添える初期ブルマ。ドラゴンレーダーを眺める姿での立体化で、『ドラゴンボール』女性キャラの立体化としてはほぼパーフェクトな仕上がり!

 

 

出場作品

孫悟空/伊藤嘉紀
(2017年6月登場予定)
_MG_0490前大会の優勝者である伊藤嘉紀氏による孫悟空。グッと力を溜めた地面スレスレの体勢が生み出す緊張感はさすがの一言!

 

入賞各作品は通常カラーver.と原型カラーver.の2種でそれぞれ商品化され、全国のアミューズメント施設に投入されます。

 

前回までの大会参加者はそれぞれ得意な技をすでにこれまでの大会で披露しており、別の魅せ方が求められていたという点で不利ではありました。しかしそれでも公募枠の新規チャレンジャーが上位を独占したのはやはり快挙というべきでしょう。次回以降大会でこれまでの参加者がリベンジを果たすのか? それとも公募枠参加者が連覇を成し遂げるのか? 新たな血を受け入れた「造形天下一武道会」の今後の展開からも目が離せません!

 

DATA

ドラゴンボールZ
SCultures BIG 造形天下一武道会7

  • プライズフィギュア
  • 全2種
  • 製造元:バンプレスト

 

関連情報

 

 

(c)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
(c)2016 BANPRESTO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery