10月から放映開始の「仮面ライダードライブ」から、変身ベルトほか商品が多数登場♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

10月5日(日)からテレビ朝日系で放映開始となる仮面ライダーシリーズ最新作「仮面ライダードライブ」。

平成ライダー16作品目となる「仮面ライダードライブ」は、シリーズ史上初の「バイクに乗らない」、「車」の仮面ライダーです。

 

KRD_20140902_03

 

《あらすじ》

物語の舞台は警察。主人公・泊進ノ介(とまりしんのすけ)は、頻発する怪事件に対抗するために作られた「特殊状況下事件捜査課」(通称:特状課)に所属する一人の警察官です。ある事件を追う中で、しゃべるベルト=「ドライブドライバー」に出会い、「シフトカー」たちの力を借りて『仮面ライダードライブ』へと変身! 相棒となる車=スーパーマシン「トライドロン」と共に、怪人たちと戦います。

 

 

この放送開始に合わせて、「仮面ライダードライブ」の関連商品が続々登場です。

 

まず、「仮面ライダー」シリーズの人気アイテムである変身ベルトが10月4日(土)に発売になります。10個のLEDとスピーカーを搭載したベルト本体、ベルトと赤外線通信を行うことができる「シフトブレス」、車をモチーフにしたキーアイテム「シフトカー」(2個)がセットになった商品です。

 

KRD_20140902_02

 

「シフトカー」を変形させて、左腕に装着する「シフトブレス」にセット。レバーを倒すとブレスが赤外線で通信し、ベルトに内蔵した10個のLEDが回転・発光して、ディスプレイの表示が変化するようになっています。「光る」「鳴る」「回る」という3つの演出で、劇中の変身シーンや胸部のタイヤ交換シーンを忠実に再現できます!

 

KRD_20140902_04

KRD_20140902_05

▲1.「シフトカー」を変形させて「シフトブレス」にセット! 2.レバーを倒すとベルトと赤外線通信 3.ディスプレイの表示が変化

 

今後発売を予定している別売りの「シフトカー」を全て認識することが可能で、さまざまな「シフトカー」を使用することで、遊びの幅を更に広げることができます♪

 

<DATA>

変身ベルト DX ドライブドライバー&シフトブレス

■価格:オープン価格

■発売日:2014年10月4日(土)

■電池:単3乾電池×3本(別売)、LR44×3個(付属)

■セット内容:ベルト本体、シフトブレス、シフトカー×2(シフトスピード、シフトマックスフレア)

 

 

また、他にも劇中で印象的に描かれる胸部の「タイヤ交換」を忠実に再現できるフィギュアも同日発売となります。シリーズ第1弾は、「仮面ライダードライブ」のメインの姿である「タイプスピード」のフィギュアと、「マックスフレアタイヤ」がセットになっています。

 

KRD_20140902_06

▲タイヤ交換(TK)シリーズ 01 仮面ライダードライブ タイプスピード/3,200円(税別)

 

さらに、10月中旬には、「仮面ライダードライブ」の相棒となるスーパーマシン「トライドロン」も発売されます♪ 「トライドロン」は、全長約34.5センチのビッグサイズで、TKシリーズのフィギュアを搭乗させることが可能なほか、驚きのギミックが満載! こちらにはシフトカー「シフトミッドナイトシャドー」と「ミッドナイトシャドータイヤ」が付いてきます。

 

KRD_20140902_07

▲ビークル『三段変形 DXトライドロン』/6,800円(税別)

 

放映に合わせてゲットして、「仮面ライダードライブ」を楽しもう♪

 

<関連情報>

「仮面ライダードライブ」公式サイト

「仮面ライダードライブ」バンダイ公式サイト -ボーイズトイパーク-

 

(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery