ギャプランTR-5[フライルー]ギガンティック・アーム・ユニット装備降臨!!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」藤岡建機氏描き下ろしのイラスト連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

TR計画においてもドラムフレームは、重要な要素となっています。大型機器を接続することの多いTR計画機においては、ドラムフレームの単純かつ堅牢な構造は必要不可欠なものでした。特にサポートメカであるフルドド、フルドドⅡが備えるドラムフレームは、それを装着した機体の特性をも変化させるほどの効果がありました。こうしたことからもドラムフレームが、TR計画を支える技術のひとつであることがわかります。

 

※バックナンバーも併せてご覧ください。

 

ar_ba32notextTR計画におけるドラムフレーム運用例のひとつ、ORX-005 ギャプランTR-5[フライルー]ギガンティック・アーム・ユニット装備。TR-S[エルアライラー]の試験機としての側面も持ちますが、敵大型機動兵器対策として以外にも、副腕のビーム砲化など、その特殊な機体構造はドラムフレームならではといえます。

 

 

ORX-005 ギャプランTR-5[フライルー]ギガンティック・アーム・ユニット装備

phA3phB2本形態は、ORX-005 ギャプランTR-5[フライルー]の巨大ユニット運用形態のひとつです。両肩のフルドドⅡのドラムフレームにサイコ・ガンダムの両腕を装備。この腕部は半自動制御によってビーム砲としての機能を持つほか、格闘用アームとしての運用も想定しています。またバインダーや対艦ミサイルなどを装着できるほか、サブアームも備えており、そちらにはシールド・ブースターやウインチキャノンを装備可能。またMA形態への変形も可能だが、フルドドⅡは切り離されます。ドラムフレームの運用性と汎用性の高さを体現した形態と言えるでしょう。

 

 

数回にわたって解説してきたドラムフレームですが、TR計画機においても重要な役割を持つことが理解できます。TR計画における「機種統合」を成すための中核技術がこのドラムフレームであり、開発された複数のオプションを接続したその集大成がTR-6[インレ]なのです。このTR-6[インレ]についても今後、解説する予定です。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery