遂に登場!『ヘキサギア』バイクから格闘形態へ変形する「レイブレード・インパルス」が登場!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コトブキヤよりフレームアームズ・M.S.Gシリーズのノウハウを蓄積した新たなマルチアッセンブルメカニックユニット『ヘキサギア』が誕生! スクラップ&ビルドをコンセプトとした商品で、プラモデル要素とブロック要素を掛け合わせたキットブロック方式を採用しています。組み換えに特化した六角型汎用ジョイント“ヘキサグラムシステム”を用い、アイデア次第で無限ともいえる組み換えが楽しめます。この新シリーズ『ヘキサギア』から強襲用高速戦闘ヘキサギア「レイブレード・インパルス」がラインナップ!

Combat preparation complete. Start your engines.

 

高速走行形態“ビークルモード”から、格闘形態“ゾアテックスモード”へとコンバートが可能です。

I201703RBI_010 I201703RBI_011

I201703RBI_012

▲高速走行形態 ビークルモード

 

I201703RBI_001 I201703RBI_004

I201703RBI_006

▲格闘形態 ゾアテックスモード

 

メインウェポン「レイブレード」は“発振”時を再現するブレードのエフェクトパーツが付属し、各種戦闘シチュエーションが楽しめます。

I201703RBI_008 I201703RBI_009

 

ネイキッドフレーム各部の関節ユニットはヘキサグラムシステムおよび5ミリジョイント、3ミリジョイントを使用し、組み換えて様々なスタイルへと姿を変えます。

I201703RBI_015 I201703RBI_017

 

ハイディテールなコックピットユニットを搭載し、別売りのガバナーを搭乗させることができます。

I201703RBI_005I201703RBI_014

 

ABS、PE、POM、PS、PVCなど複数の素材を使用し、タイヤの素材感を表現しています。

I201703RBI_003

 

組み立て済みの超小型関節ユニットには金属ピンを使用しており、小型ながら様々な用途に使用できます。六角型ポリキャップや5ミリ、3ミリジョイントはあらかじめ予備が封入されています。

I201703RBI_016

 

■レイブレードインパルス機体解説
アースクライン・バイオメカニクス製“強襲用高速戦闘ヘキサギア”。人工知能KARMAを搭載し、戦闘時には格闘形態「ゾアテックスモード」へと駆動系をコンバートします。

I201703RBI_013

 

およそ人間が運用することを想定していないかのような高すぎる機動性と、ヘキサギアに対して使用するにはオーバースペックな兵装「レイブレード」を装備しており、本来の開発目的は不明となっています。現在は軍産複合体MSGおよび人工知能サナトに対抗する企業同盟軍「リバティー・アライアンス」に制式採用され、各部隊に供給されています。一定数が製造されてますが、機体性能を最大限発揮できるガバナーが少ないためにオリジナルのアッセンブルではあまり運用されていません。しかし各ユニットの性能自体は非常に高いため、ユニット単位で他の機体に使用されるケースが多いようです。

I201703RBI_018

 

DATA

レイブレード・インパルス

  • 1/24スケール キットブロック
  • 全長:24センチ
  • 設計:丸家裕之介
  • 付属品:アーカイブカード×1、レイブレードエフェクトパーツ×2
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 2017年8月発売予定

※ヘキサギアレイブレード・インパルス以外の商品は付属しません。

 

関連情報

 

(C) KOTOBUKIYA


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201901_re04_SAOCR_ec
  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec