【大ヒット中のガシャポン!!!】「アルティメットルミナス ウルトラマン」シリーズにゼットンが登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

全高約122ミリ、リアルなプロポーションと発光ギミックを備えたガシャポン「アルティメットルミナス ウルトラマンシリーズ」が大ヒット中! 前回お話をうかがった、開発担当 バンダイ ベンダー事業部の森内さんより、最新写真が編集部に到着! ゼットンがラインナップに加わります。ついに怪獣リリースに至った経緯とは? 前回に引き続き、森内さんのコメントをお届けします。

 

※関連記事

 

IMG_8372

▲バンダイ ベンダー事業部でアルティメットルミナス ウルトラマンシリーズを担当する森内さん。

 

 

――ついに怪獣がラインナップされます。

森内さん:開発担当としましても夢見ておりましたので、アルティメットルミナスに怪獣が加わるのが非常に嬉しいです。やっとこの時がきました。

 

「アルティメットルミナス ウルトラマンシリーズ」をおもちゃショーで披露した際、バルタン星人、キングジョー、イーヴィルティガを参考出展しました。

 

当時から「商品化してほしい」というご意見はいただいていたのですが、多くの怪獣・星人のサイズが大きくカプセルに入られないこと、発光色の制約(ルミナスユニットでは青色を発光させるのが難しい)などの理由で実現できていませんでした。

 

特に初代バルタン星人は彩色の多さから現状では商品化は厳しいと思っております。いつの日か、商品にしたいですが……。

 

そしてガシャポン版の成功はもちろんですが、プレミアムバンダイ商品 アルティメットルミナスプレミアム壱の成功のおかげで次のステップ、怪獣に進むことができました。ご購入いただいた皆様、ありがとうございます。

 

――シリーズ初の怪獣ということで、造形も気になりますね!

森内さん:大前提、非対称な造形などしっかりやっております。
これまでのフィギュアで負いきれていない形状が見えてきて、それを盛り込んだりもしています。最近発見された、股間のシワの入れ方なのですが……小さすぎて気がつかないかもしれませんが、映像チェックで見えてきた新発見の部分です。

 

kaihatsu
DSC_4080 DSC_4110 DSC_4122 DSC_4126 DSC_4128▲ゼットンの試作品。この試作品ではまだコードが基板に接続されています。脚部、股間の蛇腹付近は、新発見の部分。

 

 

――こ、これは! 発光ギミックが基板に接続されていますね。最終的にはコードレスになると思いますが、単純に光るだけではない!?

森内さん:『ウルトラマン』の最終回「さらばウルトラマン」放送50年の時を経てゼットンらしい究極発光を実装する予定です。ミニチュアがリアルに近づくと“うずく”日本のモノづくりらしい良い商品になると思います。

 

 

――楽しみにしています!(次回に続く!!!!!!)

 


 

ファンの要望の多かった怪獣がついにラインナップされ、ますますヒートアップする「アルティメットルミナス ウルトラマン」シリーズ。リアルな造形に発光ギミックを引き継いだゼットンは、まだまだヒミツがあるはず! なお、ゼットンの発売はプレミアムバンダイにて。電撃ホビーウェブでは、引き続き最新情報や価格、受注開始日などをお伝えする予定です! 乞うご期待!

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) 円谷プロ (C) ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery