『美少女万華鏡』八宝備仁氏の描いたツンデレメイドロボット「亜璃子-アリス-」がエイプラスより立体化!

イラストレーター・八宝備仁氏の描いた美しくも淫靡なキャラクターで人気を博したPCゲームシリーズ『美少女万華鏡』。その第3作目『美少女万華鏡-神が造りたもうた少女たち-』より、ツンデレ型メイドロボット「亜璃子-アリス-」がエイプラスから1/6スケールフィギュアとなって登場です!

 

口元に指を当て、膝立ちのポーズで立体化された亜璃子。フリルたっぷりのメイド衣装やふわりと広がる金髪も細部まで造り込まれており、シンプルなポーズながらも見ごたえのある仕上がりとなっていますね。

A+_arisu_20170324_01

 

童顔でありながら巨乳という彼女のギャップに富んだ魅力を再現。亜璃子の特徴であるキリッとつり上がった目もかわいらしく表現されています。

 

ブラと下半身のエプロンパーツは取り外しも可能。フリフリのメイド衣装のその下がどうなっているのかは、ぜひ購入して自分の目で確かめてくださいね!!

 

DATA

美少女万華鏡 亜璃子(アリス)

  • PVC製塗装済み完成品
  • 1/6スケール
  • 全高:約18センチ
  • 原型:龍佑
  • ポーズデザイン:綾小路はるか
  • 発売元:A+(エイプラス)
  • 付属品:ブラ・エプロンパーツ
  • 価格:16,800円(税抜)
  • 2017年5月発売予定

 

関連情報

 

(C)八宝備仁

上に戻る