【5月14日は「けん玉の日」!】「大皿」のギネス記録にも挑戦できる「けん玉フェスティバル」が東京で開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

本年2017年から、一般社団法人記念日協会により5月14日が「けん玉の日」と制定されました! これを記念した“けん玉”イベント「KENDAMA FESTIVAL」が、東京都江東区の複合商業施設「亀戸梅屋敷」にて2017年5月14日(日)に開催されます!!

 

▲けん玉の原型「日月ボール」が発明・実用新案が登録された、1919年5月14日にちなんで、「けん玉の日」と制定されました。

 

イベントでは、けん玉の技を連続して何人成功できるかというギネス世界記録への挑戦や、世界的けん玉パフォーマンスユニット「ず~まだんけ」によるパフォーマンスライブを実施。また、初心者から上級者まで、無料で参加できるけん玉ワークショップや、誰でも参加できるけん玉ミニゲームなど、楽しいイベントが盛りだくさん!

 

▲2016年年末の紅白歌合戦にて、演歌歌手三山ひろしのバックダンサーとして出演した「ず~まだんけ」が登場!

 

 

みんなで「大皿」のギネス記録に挑戦!

けん玉の一番大きな皿の上に玉をのせる最も基礎的な技「大皿」を、連続して何人成功できるかというギネス世界記録「Longest line of people catching a kendama ball consecutively(連続してけん玉をキャッチした人の最も長い列)」への挑戦を実施! 2017年4月26日現在では、2016年4月12日に山形県長井市が記録した連続114人が世界記録となっています。当日は、この記録に挑戦する方を11時から受付し、13時から歩行者天国となる亀戸駅前の十三間通り商店街にて記録に挑戦! 希望者は誰でも参加可能ですよ。

※ギネス世界記録に挑戦される方には記念けん玉が準備されています(記念品代2,000円)。
※記念品の数には限りがありますので、無くなり次第受付終了となります。

 

 

「世界けん玉協会」発足宣言!オリンピック競技化が目標!!

「世界けん玉協会」は、一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク(GLOKEN)代表の窪田保さんを中心として、世界各地でけん玉シーンを牽引してきたパイオニアと共に、将来のオリンピック競技化を目指す団体です。これまで統一されていなかった国際基準を定めることや、国際大会のスケジュール調整、世界ランキングの運用等を行います。イベントには、世界けん玉協会の役員となる一部メンバーが来日して、協会発足の宣言に立ち会います。

▲アメリカから、けん玉ブランド「Kendama USA」オーナー・Jeremy Stephenson(ジェレミー・スティーブンソン)さん、「Sweets Kendama」オーナー・Matt “Sweets” Jorgenson(マット スイーツ ジョーゼンソン)さん、「KROM KENDAMA」オーナー・Thorkild May(トーキル メイ)さん、台湾からKENDAMA TAIWAN代表・甲鳥豆頁(Duck、ダック)さんが来日!

 

DATA

KENDAMA FESTIVAL

  • 日時:2017年5月14日(日)10時00分~17時00分
  • 場所:東京都江東区亀戸4-18-8 「亀戸梅屋敷」
  • 開催:一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク(GLOKEN)

※誰でも参加可能。

 

「KENDAMA FESTIVAL」スケジュール

  • 10:00 開場
  • 11:00 ギネス世界記録 受付開始
  • 11:30 「ず~まだんけ」パフォーマンス 第一部
  • 13:00 ギネス世界記録に挑戦
  • 15:00 「ず~まだんけ」パフォーマンス 第二部
  • 15:30 「ず~まだんけ」によるけん玉ワークショップ
  • 16:15 けん玉を使ったミニゲーム
  • 16:45 「世界けん玉協会」発足宣言
  • 17:00 閉会

 

●「けん玉の日」について

現在のけん玉の原型である「日月ボール」が広島県呉市の江草濱次さんによって発明され実用新案が登録されたのが1919年(大正8年)5月14日。この日が「けん玉の日」に相応しいと考えた一般社団法人グローバルけん玉ネットワークが申請し、記念日協会が制定しました。今や世界中で遊ばれ、スポーツとしても進化を遂げるけん玉ですが、2019年にはこの実用新案登録から丁度100年の節目を迎えます。

 

●「ず~まだんけ」について

2010年に結成されたけん玉パフォーマンスコンビ。「けん玉のイメージを変える」をモットーに、日々けん玉の新しい楽しみ方を研究。音楽やダンスをけん玉と融合させたパフォーマンスで人々を魅了しています。年間100を超えるステージでのパフォーマンスを行い、けん玉教室、けん玉イベントなど、けん玉の普及活動にも積極的に力を注いでいます。近年ではTVなどメディア出演も増え、NHK Eテレ ニャンちゅうワールドに「けん玉侍」としてレギュラー出演。日本国内にとどまらず、ハワイ、ブラジル、台湾、マレーシア、フランス、インド、などでの海外公演も果たし、日本だけでなく世界からも高く評価されています。フランスでは、2016年パフォーマーにとって権威ある番組「Festival Mondial du Cirque de Demain」に招致され、パフォーマンスを披露しました。

※ギネス世界記録(R)はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

 

関連情報

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201810_01_SAOmd_ec
  • shodo-x_ec
  • bppz201809_04_sao_ec_re
  • 20181002sugumikouhen01catch
  • 20181002sugumizenpen01catch
  • bppz201810_03_imascg_ec