「機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル」×『A.O.Z』!TR-1[ヘイズル改]ティターンズカラーフルセットが出撃!【プレミアムバンダイ限定】

更新日:2017年6月13日 20:17
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ガシャポン「機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル」は、可愛らしい頭身にハードなディテール、そして可動を加えた贅沢なアイテム。さらに汎用の3mm軸で武器やパーツの組み付け、換装、本体の組み換えにすら対応した、究極のガシャポンシリーズです。

 

このシリーズの大型アイテム「EX」ラインに、人気モビルスーツ、TR-1ヘイズル改(ティターンズカラー)が加わります!

gundam_tr-1_hctcs_00

 

通常のヘイズルはもちろん、トライブースター、そしてフルドドとのコンビネーションでヘイズル・ラー、ヘイズル・ラー第2形態、そしてまさかのギャプランブースターを装着した巡行形態(クルーザー)をも立体化。

 

各形態の武装はもちろん、テストカラーのホワイト塗装版ギャプランブースターまでがボーナスとして付属する、この超特大セット。まずは第一報、オフィシャルフォトでその驚異のセット内容をご紹介します!

 

gundam_tr-1_hctcs_01オフィシャルサイトより。通常のヘイズル改(ティターンズカラー)から、アドバンスド・ヘイズル、ヘイズル改(トライブースター)、ヘイズル・ラー、ヘイズル・ラー(第二形態)までの5形態。もちろんこれらのあいだでも、武器やパーツ付け替えは自由自在です。

 

そしてヘイズル・ラー第二形態にギャプランブースターをセットした巡航形態へ!

gundam_tr-1_hctcs_02セットでの立体化は初の快挙です。その全長はじつに約180mm! 異形ながらも、すごい加速で飛んでいきそうなシルエットはまさに巡航形態。

 

サイド、リアビュー。

gundam_tr-1_hctcs_03gundam_tr-1_hctcs_04ブースターだけで通常のアンサンブル以上のボリュームとなっているのが確認できます。また、背面から見てもブースター各部の塗装は抜かりなし。ちらりと覗くオレンジがカッコよし。

 

gundam_tr-1_hctcs_05ブースターは3mm軸2個で上面が固定され、下部には股間へと接続される補助パーツも付属。どこかアンバランスなシルエットとは裏腹に、ガッチリと固定されます。また、透明クリア―の専用台座も用意されています。こちらの台座もそこかしこに3mm穴が確認でき、何かと便利そうですね……!

 

セット全容です。

gundam_tr-1_hctcs_06ヘイズル改(ティターンズカラー)、フルドド(ティターンズカラー)×2、ブースター(ティターンズカラー)、ブースター(テスト機カラ―)、専用台座×2、そしてアドバンスド・ヘイズル、ヘイズル・ラーを組むために必要なオプションパーツ群。シールドのTRマークは印刷でクッキリ再現される予定です。

 

gundam_tr-1_hctcs_07そして本セットに加え、近日情報公開予定の第3弾よりヘイズル改(テスト機カラー)、フルドド×2、武器セット×2を組み合わせることでテスト機カラーのヘイズル・ラー第二形態、巡航形態が完成。こちらもぜひ完成させて、白黒並べた勇姿を堪能したいですね。

 

セットとしては第1弾のフルアーマーユニコーンに近いですが、なんといっても「本体+支援機2機+武器セット」という驚異のボリューム。さらに、武装の組み付けと換装という本シリーズのコンセプトは『A.O.Z』の“ヘイズルを素体とした新兵器テスト”という作品世界観とも抜群に合致します。「アンサンブル」『A.O.Z』どちらの文脈からも見逃せない本セット、ぜひ手に入れてすべての形態を楽しんでみてください。

 

>>「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX03 ヘイズル改(ティターンズカラー)フルセット」商品ページ

 

DATA

機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX03 ヘイズル改(ティターンズカラー)フルセット

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201901_re04_SAOCR_ec
  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec