トミーテック技MIX「MV-22B」お気軽1Dayモデリング!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

MV-22B(普天間基地)

トミーテック 技MIX使用ジオラマ
製作・文:mamo

 

電撃ホビーマガジン本誌で好評連載中の、トミーテックの彩色済みプラモデル「技MIX」をピックアップしたコーナー「今からでも楽しめる技MIX」。ここでは本誌で紹介しきれなかった写真や、大きく載せることができなかった写真を、どどんと一挙掲載しちゃいます!

 

第二回は、2014年7月号掲載の「MV-22B(普天間基地)」です!

 

N20141025gi_pac

▲〈HC201〉MV-22B 第265海兵隊中型ティルトローター飛行隊(普天間基地)

技MIX 航空機シリーズ 1/144スケール
■発売中
■価格:5,500円(税抜)
■発売元/販売元:株式会社トミーテック

 

技MIX航空機シリーズに話題のV-22「オスプレイ」新登場!! 技MIXでは完全新設計、新金型でV-22を製品化、これまでのラインナップ同様彩色済み組み立てキットとして高い再限性と技MIXならではの楽しさを合わせもつアイテムを目指します。もちろん部品の接合線が目立たない配慮や将来はギミックとの組合せも予定、基本となるMV-22Bだけでなく派生型への展開も計画しています。どうぞご期待ください! (製品紹介より)

 

 

●はじめに 

技MIXより発売された巷で注目を集めているV-22(通称:オスプレイ)を、本誌のベテランモデラーmamoがヴィネットで仕上げました。今回のコンセプトは、“1Dayモデリング”! 技MIXならではのお手軽さを生かしつつ、要点を押さえたモデリングで、皆さんも週末のお休みに模型作りを堪能しちゃいましょう!

まずは、時系列ごとに作業の様子をご覧ください。

 

 

【8: 00】休日としては早めの朝食を取り、さっそくニッパーを握ります。接着面を整え、とにかく切っては貼り切っては貼りを無心に繰り返しましょう。4時間ほどで組上がりますので、目立つ所のパーティングラインだけ整形しタッチアップしてます。

 

N20141025gi_001

▲【9:00】細かなパーツは一部ランナーを残したまま組立て

N20141025gi_002

▲【12:00】全体が組み上がったら目立つ所だけ整形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N20141025gi_003

▲【12:15】そしてタッチアップ

N20141025gi_004

▲【12:30】塗装のまわってない所もチョチョイチョイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N20141025gi_005

▲【14:00】汚し塗装のノリを良くするため、つや消しトップコート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【14: 00】軽めのランチを取ったら汚し塗装です。資料を見ると機体側面とエンジンカバーが茶けた感じに汚れているので、310番・ブラウン+ 119番・サンドイエローを薄く吹きます。ついでにキャノピーも101番スモーク+9番・ゴールド(少々)を吹いておくとイイ感じにまとまります。仕上げに、油彩の白+黒+オリーブをペトロールでジャブジャブに溶いて全体に塗り、綿棒で拭き取ります。

 

N20141025gi_006

▲【14:15】まずエアブラシで薄く汚しを入れます

N20141025gi_007

▲【14:30】そのまんまだとオモチャっぽいので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N20141025gi_008

▲【15:00】緑がかった濃いグレーをウォッシング

N20141025gi_009

▲【16:00】大→中→小の順番で拭き取ります。ラー油のビンは溶剤入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【20:00】晩飯後、一風呂浴びたらヴィネットなぞ作っちゃおう。10×10センチほどの適当なベースを見つけたら、プラ板で甲板を作ります。単純な四角形だと面白くないので一手間加え、〝らしく〞塗装して完成! 心地良い達成感に浸ります。

 

N20141025gi_010

▲【23:00】なんだか物足りないね

N20141025gi_011

▲【24:00】TOMYTECさんのザ・人間やビルダーズパーツのMSフィギュアを小改造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【24:00】一杯やりながら完成したヴィネットをシミジミ眺めます。なんだか殺風景なので、延長戦でデッキクルーを載せました。

 

N20141025gi_012

完成! 

 

今まさに離陸準備を進めている様子を再現したヴィネット。眼環や甲板のライン、デッキクルーなど、要所を押さえた工作が目を引きます。

 

N20141025gi_013

 

N20141025gi_014

 

N20141025gi_015-2

▲給油用のプローブが備えられた特徴的な機首は、ウェザリングを行うことで、より細部が栄えるようになります。

N20141025gi_016

▲技MIXではマーク類があらかじめ印刷されているので、ウェザリングなどひと手間加えるだけで引き締まった見た目を再現できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N20141025gi_017

▲可変式のエンジンナセルは、油汚れを再現するために茶色をアクセントにしたウェザリングを行い、経年感を出しました。

N20141025gi_018

▲上面のウイング部分には一面に精密なディテールが施されており、無加工とは思えない情報量になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N20141025gi_019

 

そのまま組み立てただけでも実機さながらの出来栄えになる彩色済みキット「技MIX」。彩色などに時間が取られない分、普段と違うことを色々挑戦するのに持ってこいのアイテムなので、ぜひ色々チャレンジしてみてください。

 

 

<関連情報>

技MIX 公式サイト

 

(C)TOMYTEC

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery