コインを置くと機関車がポッポ~っと発進!人気の“癒し系ジオラマ貯金箱”がファンの声を受けて大復刻!!【動画あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

シャインは、大ヒット貯金箱「TrainBank」をユーザーからの要望を受けて復刻販売することを発表! 「TrainBank 2番線 機関車ver./電車ver.」の2種が2017年7月に発売されます!!

 

●TrainBank2番線

 

 

TrainBank 2番線 機関車ver./電車ver.

「TrainBank 2番線」は、どこか懐かしい日本の田舎の風景を切り取ったパノラマの中を、機関車・電車で旅をするというテーマの貯金箱です。さらに、懐かしいメロディが流れたり、遮断器が下がったり、楽しいギミックを多数搭載しています!

 

img_129805_3

 

●「TrainBank 2番線」の機能など

  • 駅に停まった車両にコインを乗せると発車ベルと警笛が鳴り動き出します
  • プレイボタンを押すことでコインを置かなくても遊ぶことができます
  • BGMは機関車・電車それぞれ2曲が交互に流れます
    【機関車】:『鉄道唱歌』、『きしゃぽっぽ』
    【電車】:『せんろはつづくよ』、『でんしゃごっこ』
  • 車体をリアルに揺らしながら走ります
  • 踏切にさしかかると警報機が鳴り、赤い信号が点滅します
  • 遮断機が下り、車両が通り過ぎると上ります
  • トンネルの中でコインを落として出てきます
  • 鉄橋を渡って駅に戻ってきます
  • ブレーキが軋む音と排気音と共に駅に停まります

 

 

ユーザーからの要望に応えて復刻!

「TrainBank」は、2011~2014年にかけて70万個を出荷したという大ヒット貯金箱。電車玩具としても子供からお年寄りまで、また外国人観光客からも好評で、同社の有名な「いたずらBANK」シリーズに匹敵するほどの人気があったそう。

 

事情により生産が止まっていたそうですが、購入の問い合わせや「有償で修理したい」という依頼も多く、通販サイトではプレミア化している状況でした。そんなユーザーの要望に応えるかたちで、今回パワーアップしての“再発進”となったそうです。商品の復活を望んでいた方も、初め知った方も、こちらのレトロな貯金箱で、楽しみながら貯金してみてはいかがでしょうか。

 

DATA

TrainBank 2番線 機関車ver./電車ver.

  • 発売日:2017年7月発売予定
  • 価格:各2,480円(税別)
  • 販売ルート:国内の玩具・雑貨取扱いの販売店、販売サイト
  • 商品サイズ:約W145mm×H115mm×D150mm
  • 使用電池:アルカリ単3電池2本(別売)
  • 対象年齢:6歳以上
  • 発売元:シャイン

※日本で使用されているすべての硬貨に対応しています。

※コインは500円玉で約40枚収納可能です。

※コインは1枚ずつ置いてください。

※掲載写真などと実際の商品は異なる場合があります。

 

●シャインについて

“「造る」から「創る」へ”をテーマに、メカトロニクス技術を核とした「アミューズメント機器」「玩具」「雑貨」の企画・開発・海外生産・検品~納品、また、オリジナル商品の製造販売を行っています。

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery