タカラトミー本社でロケ!『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』撮影密着レポート!

更新日:2017年7月12日 20:41
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年1月に製作記者発表会の模様をお届けした『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』ですが、タカラトミー本社におけるロケを密着取材してきました! 撮影されたのは、冬に放送予定のクリスマスをテーマにしたお話。玩具会社「LuckToy」を舞台にしたストーリーで、クリスマスイベントの収録にはタカラトミーの社員もエキストラとして出演。和やかながら熱気のある撮影となりました。今回の監督は西海謙一郎氏、ゲストとして玩具会社の社長役で渡辺哲さんが、レギュラーメンバーとしてマネージャー役の小野真弓さんも登場しました。

 

▲撮影に臨むアイドルグループ「ミラクルミラクル」(前回放送の第15話で新たに加入したアカリ、ヒカリも加わり5人体制に。撮影に臨むアイドルグループ「ミラクルミラクル」の5人。前回放送の第15話で新たに加入したアカリ、ヒカリも加わり5人体制に。変身して「ミラクルちゅーんず!」となります。左から白鳥ヒカリ(西山未桜)、一ノ瀬カノン(内田亜紗香)、神咲マイ(足立涼夏)、橘フウカ(小田柚葉)、白鳥アカリ(薄倉里奈)。

 

IMG_4859

▲タカラトミー本社のロビーが、1日だけLuck Toy」の社屋に変身。

 

ミラクルちゅーんず!のストーリーは以下の通り。

 


アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!ストーリー

魔王に支配されてしまった「音楽の国」。宝物の「サウンドジュエル」は魔王に奪われ、拾った人々を悪に染める「ネガティブジュエル」に変えられてしまう。音楽の国の妖精リズムズたちは、「音楽の国」を救うため、3人組アイドルユニット「ミラクルミラクル」と組んで、アイドル戦士「ミラクルちゅーんず!」を結成。音楽のチカラで、悪に染められた「ネガティブジュエル」を清め、元の「サウンドジュエル」に戻していく。アイドル戦士たちは魔王との戦いに勝って、「音楽の国」に平和を取り戻すことができるのだろうか?!


毎回、ゲストの誰かが「ネガティブジュエラー」にされてしまい、それをミラクルちゅーんず!が浄化する(言ってみれば戦闘シーン)ことで事件解決、となります。“アイドル”というだけあって、昨今のアイドルグループ的なトピックが盛り込まれている点も見どころです。

 

では、さっそく撮影の様子を見ていきましょう!

▲ミラクルミラクルのライブ。ミラクルミラクルのライブ。これを、エキストラのみなさんが応援するシーンが撮影されます。

 

IMG_4594撮影が行われたセット(タカラトミーのエントランス)。写真奥がミラクルミラクルのステージです。写真左には、タカラトミーの受付デスクが見えます。撮影前には、スタッフのみなさんが綿密な打ち合わせをしています。

 

IMG_4721

IMG_4761実際の撮影風景。小さい子達が前列に並び、大人が後方という配置。中央にはゲストキャラを演じた渡辺哲さんの姿も見えます。このライブシーンは、数回にわたって撮影されました。

 

IMG_4881こちらは別カットの撮影。大人だけがLuckToyのパネルをバックに応援しています。小野真弓さんのお姿も。

 

IMG_4851実際のアイドル現場さながらの団扇やパネルも!

※ミラクルミラクルは実際に全国5箇所を巡るイベントも開催していました。

 

IMG_4988ステージのバック。かわいい感じのクリスマスステージになっています。

 

IMG_4791撮影待ち時間の一コマ。ミラクルミラクルのメンバーは、小さい子達と遊んだりとやさしい一面も。ライブシーンでは、小さい子たちだけでの撮影も行われ、その場は本来ミラクルミラクルがいなくても撮影が成立するのですが、敢えて小さい子達のために(カメラに映らないのに)ミラクルミラクルがライブするなど楽しい一幕も。写真は神咲マイ役の足立涼夏さん。

 

IMG_4892出演者全員で記念撮影! みなさんお疲れさまでした!

 

 

出演キャストインタビュー

ライブシーン撮影終了後、ミラクルミラクルの5人、渡辺哲さん、西海謙一郎監督にお話を聞くことができました。

▲左から、渡辺哲さん、西山未桜さん(白鳥ヒカリ役)、足立涼夏さん(神咲マイ役)、内田亜紗香さん(一ノ瀬カノン役)、小田柚葉さん(橘フウカ役)、薄倉里奈さん(白鳥アカリ役)、西海謙一郎監督。左から、渡辺哲さん、西山未桜さん(白鳥ヒカリ役)、足立涼夏さん(神咲マイ役)、内田亜紗香さん(一ノ瀬カノン役)、小田柚葉さん(橘フウカ役)、薄倉里奈さん(白鳥アカリ役)、西海謙一郎監督。

 

――撮影の感想をお願いします。

内田亜紗香さん(一ノ瀬カノン役):

IMG_4954みんなで練習した時よりも上手にパフォーマンスすることができたし、楽しく撮影出来ました!! また、私たちのダンスで小さい子たちが実際に喜んでくれている姿を見られたのが、とっても嬉しかったです!

 

足立涼夏さん(神咲マイ役):

IMG_4949新しいアイドル衣装を着て初めて踊ったので、すごく新鮮な気持ちで楽しく撮影できました! 実際に回らせていただいたイベントの時をイメージしながら撮影できたので、すごくよかったと思います。

 

小田柚葉さん(橘フウカ役):

IMG_4561これまでのイベントでの経験を活かして、お客さんのいないシーンでもしっかりとイメージしながら撮影することができました!

 

薄倉里奈さん(白鳥アカリ役):

IMG_4959久しぶりに5人で「JUMP!」と「Catch Me!」(ミラクルミラクルの楽曲)を踊れてとても楽しかったし、みんなすごくたくさん練習してきた成果が発揮できてよかったと思います。

 

西山未桜さん(白鳥ヒカリ役):

IMG_45435人で「JUMP!」と「Catch Me!」を一緒に踊れてすごく楽しかったです! 今回の撮影のように楽しいライブシーンの他にも、真剣なアクションシーンもあったりと内容盛りだくさんなドラマになっているので、これからもぜひ注目してほしいです!

 

――渡辺哲さんはミラクルミラクルと共演していかがでしたか?
渡辺哲さん:
かわいいですよね。ほんとにかわいい。グッときますよね。今日初めて歌とか踊りを見せていただいたのですが、いやぁ……。何も考えずに芝居ができたので嬉しかったですよ。ステキですよ。まだ若いからがんばってほしいですよね。ちょっと歳が離れているので残念です(笑)

 

――西海監督に質問です。撮影のこだわりは?

西海監督:

とにかくかわいらしく撮るというひとことに尽きます。かわいらしく美しく撮るということにこだわっています。

 

――かわいらしくというのは、たとえばどういうところでしょう?

西海監督:

どのシーンも、「とにかくかわいらしく」というのは総監督の三池崇史監督とも話をして決めています。(ドラマを構成する)「ダンス」、「歌」、「お芝居」という要素の中で、ダンスと歌は先生がサポートしてくださっていまして、僕らはお芝居をとにかく自然に女の子らしく撮れるようにこだわっています。“芝居”となると、どうしてもカメラの前で硬くなってしまうし、(ミラクルミラクルの)皆さんは初めての経験だったので、この撮影がはじまる昨年2016年9月を目指し、6月から猛特訓しました。そこはこだわって練習した成果が出てきているのかなと思います。

 

――リラックスしてカメラの前に出るのが一番と?

西海監督:
そうですね。やっぱり素のままの話し方やしぐさが、すっと出せる現場を心がけています。

 

 

撮影はまだまだ続く

こうして、ライブシーンの撮影は終了しましたが、エキストラの皆さん(タカラトミーの社員たち)が帰ったあとも、ドラマ部分の撮影が続きます。

IMG_5066モニターチェックをする監督はじめスタッフ。随所で演技指導が入ります。立ち回りの位置関係なども、綿密に調整されます。

 

IMG_5003

IMG_5045ネガティブジュエラーになってしまったLuckToy社長を演じる渡辺哲さん。迫力のある演技で、周囲から感動の笑みが。

 


 

こうして、『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』の撮影は終了へと向かっていきました(取材陣は先にお暇したのですが、撮影自体はまだ続いていました)。特撮ファンはもちろんのこと、アイドルファンが見ても楽しい要素が詰まっているので、『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』をぜひご覧ください。なお、公式ページでは第1話をすぐに見ることができますし、2話以降も「あにてれ」にて配信されています。オススメです!

 

※たとえば、ミラクルミラクルのひとりである一ノ瀬カノンが、憧れの神咲マイを目指してオーディションを受けるところからストーリーが始まることで、「アイドルに憧れている女の子がついにアイドルに……」といったシチュエーションが盛り込まれていたり(一ノ瀬カノン役の内田亜紗香さんも、実際にダンスなどは初めて)、実際のグループアイドルの地方出身者が経験する「寮生活」、そして仲間との軋轢と絆、握手会でのファンとの交流など、今のアイドルシーンがキラキラとちりばめられているのです! ちなみに、今回撮影を手がけた楽映舎さんと西海監督は、乃木坂46のドラマ『初森ベマーズ』も担当。初森ベマーズも、明るく楽しくかわいいストーリーと絶妙なVFXが楽しいドラマでした。

 

 

 

DATA

アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!

  • ジャンル:アイドルヒロイン特撮テレビドラマシリーズ
  • テレビ東京系にて毎週日曜・午前10時30分放送
  • 製作:ミラクルちゅーんず!製作委員会
  • 原作:タカラトミー、OLM
    ※放送日時は変更になる場合があります。

 

制作スタッフ・主題歌情報

【総監督・監督】
三池崇史 『妖怪大戦争』(’05)、『ヤッターマン』(’09)、『十三人の刺客』(’10)、『忍たま乱太郎』(’11)、『悪の教典』(’12)、『藁の楯 わらのたて』(’13)、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』(’14)、『テラフォーマーズ』(’16)など
【監督】
山口義高 『アルカナ』(’13)、『猫侍』(’14)
横井健司 『映画 妖怪ウォッチ』(’16)、『ハッピーネガティブマリッジ』(’14)
西海謙一郎 『彼岸島』(’13)、『初森ベマーズ』(’15)
倉橋龍介 『忍たま乱太郎』(’11)(助監督)、『テラフォーマーズ』(’16)(助監督)
【キャラクタースーパーバイザー】
前田勇弥 『テラフォーマーズ』(’16)、『シン・ゴジラ』(’16)
【ヘアメイクディレクター】
冨澤ノボル 『忍たま乱太郎』(’11)、『ヘルタースケルター』(’12)
【音楽】
遠藤浩二 『テラフォーマーズ』(’16)、『とと姉ちゃん』(’16)
【撮影】
南秋寿 『エヴェレスト 神々の嶺』(’16)
【照明】
渡部嘉 『プラチナデータ』(’13)、『エヴェレスト 神々の嶺』(’16)
【美術】
前田陽 『土竜の唄 香港狂騒曲』(‘16)
【VFX】
中島征隆 『ケータイ捜査官7』(’08)
【撮影プロダクション】
楽映舎 『ヤッターマン』、『十三人の刺客』、『忍たま乱太郎』、『プリンセストヨトミ』、『逆転裁判』、『悪の教典』、『藁の楯 わらのたて』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、『風に立つライオン』、

『初森ベマーズ』、『テラフォーマーズ』
【制作】
OLM
【主題歌】
オープニングテーマ:miracle2「Catch Me!」
エンディングテーマ:miracle2「ハートのジュエル.」

 

 

関連情報

 

 

関連記事

 

 

(c) TOMY・OLM/ミラクルちゅーんず!製作委員会・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery