ガッチャマン役・関智一さんも駆けつけた!タツノコ4大ヒーローが集結する新アニメ『Infini-T Force』が北米でプレミア上映!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年7月1日(土)~7月4日(火)に開催中の、北米最大のアニメイベント「アニメエキスポ2017」。そのイベントの中で、2017年10月より日テレ他で放送が決定した、タツノコプロ55周年記念・新作テレビアニメ『Infini-T Force(インフィニティ フォース)』の世界最速プレミア上映が行われ、ガッチャマン役の関智一さんと鈴木清崇監督らが登壇しました!! イベントのオフィシャルレポートが到着しましたのでご紹介!

 

 

初日となる7月1日、世界中から集まった約1,000人以上の熱狂的なアニメファンが会場を埋める中、『Infini-T Force』の第1話がワールドプレミア上映されました。日本よりも早く披露された、ガッチャマンをはじめとするヒーローたちの活躍に、会場のアニメファンたちは興奮を隠せず、本編上映中に登場するガッチャマンによる「バードゴー!」という台詞には、大きな歓声があがりました!

 

上映終了後、ゲスト登壇の前に、MCより、北米では『Speed Racer(「マッハGoGoGo」)』で知られるタツノコプロの紹介と55周年についてのイントロ説明が入ると、客席から「Happy Birthday!」という祝福の声が飛ぶほどの盛り上がり! そして、MCからの「インフィニティ!」というコールに対し、観客が「フォース!」とレスポンスする中、ついにガッチャマン役の関智一さんと鈴木清崇監督、プロデューサーの春名和道さん(タツノコプロ)が登場すると、会場はさらにヒートアップしました。

▲関智一さん

 

関さんは、「アニメエキスポ」に参加したのは、2004年以来、実に13年ぶり。再び「アニメエキスポ」に参加できたこと、そして多くのファンに再会できた喜びを熱く語りました。同席した鈴木清崇監督も、会場の興奮を肌で感じ、今回の「アニメエキスポ」に参加できたことを光栄であり、この席に立てたことを本当に嬉しいと、ファンに伝えました。

 

今回は第1話だけの上映ということもあり、「もっと続きが見たい!」といった声が上がると、鈴木監督からは「毎話次回が気になる構成にはしていますので、ぜひ北米での展開と2話以降期待してください」と回答しました。

 

観客からのティーチインの時間も設けられ、3DCGのビジュアルの美しさ、そして関が演じるガッチャマンをはじめヒーローたちの描き方の説得力について感動の声が! さらに、ある観客から『Infini-T Force』には、4人(ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーン)以外の「タツノコヒーロー」は登場しないのか?といった質問(お願い!?)があり、登壇者が動揺する一幕も。

 

 

ラストには鈴木監督から「会場のファンと一緒に写真を撮りたい!」というリクエストが飛び出し観客もノリノリ! 関さんの「インフィニティ フォース!」という号令とともに大歓声があがりました。

 

海外でも歴代のタツノコヒーローへの人気や関心は非常に高く、またタツノコレジェンズの活躍を描く本作への期待感が高いことが明確となったプレミア上映となりました。

 

 

 

フランスで開催「ジャパンエキスポ2017」(ヨーロッパプレミア)にも参加決定!!

さらに、2017年7月6日(木)~7月9日(月)の期間、フランス・パリで開催される日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ」にも、『Infini-T Force』の参加が決定!! 日本のタツノコファンの方も、今後の情報に期待しましょう!!

 

●「ジャパンエキスポ」とは

JTS Group主催により2000年からフランス・パリやマルセイユ、アメリカ・サンマテオ等で開催されている日本文化の総合博覧会。日本と日本文化に恋する人たちが一堂に会します。マンガ、武道、ビデオゲーム、民芸、J-POPから伝統音楽までをカバーし、日本文化に関心を寄せる人にとっては見逃せない祭典、それがJapan Expoです。パリ市内から30分でニッポンを丸ごと満喫できます!

 

>>Japan Expo公式サイト(日本語)

 

『Infini-T Force』作品情報

2017年は、日本でアニメが誕生してから100周年、そして、日本を代表するアニメーションスタジオ、タツノコプロが55周年を迎える年です。これを記念して、タツノコレジェンズの4大キャラが集結! 世界に誇る1970年代を代表するヒーロー作品『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』を最大限にリスペクトしつつリデザインされ、新たな装いで蘇ります! 本作では、単独でも十分映像化ができる強度を持ったキャラクター達を新生させ、タツノコプロの複数ヒーローが共闘し、悪に立ち向かう物語が描かれます。

 

今回のアニメ化にあたり、豪華スタッフ陣が集結! 3DCG制作は『GANTZ:O』や『デスノート Light up the NEW world』など実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を手掛けてきたデジタル・フロンティアが務めます!!

 

キャラクター&キャスト紹介

●ガッチャマン(G-1号)/鷲尾健 (CV:関智一)

特殊部隊・科学忍者隊の一員で、コードネームはG-1号、もしくは大鷲の健。ガッチャマンはそのリーダーの称号。戦闘服バードスーツに身を包み、科学と体術による科学忍法を駆使して悪と戦う。

 

●テッカマン/南城二 (CV:櫻井孝宏)

サポートロボット・ペガスに搭載されたシステムによって、肉体を強化され装甲の超人テッカマンに変身する。

 

●ポリマー/鎧武士 (CV:鈴村健一)

変身用ヘルメット・ポリメットで、特殊粒子スーツに身を包みポリマーに「転身」。自らが編み出した拳法・破裏拳流を駆使して闘う。

 

●キャシャーン/東鉄也 (CV:斉藤壮馬)

人類に反乱を起こしたロボットたちと戦うために、自ら進んで人間の肉体を捨て、最新鋭のアンドロイド「新造人間」となった少年。

 

●界堂笑(エミ) (CV:茅野愛衣)

現代の渋谷に暮らす女子高生。何事に対しても興味を持たず常に冷めた態度で、他人を寄せ付けないような言動を取る。

茅野愛衣さんからのコメント

今年(2017年)、タツノコプロ創立55周年ということで、このような記念作品に出演出来ることを光栄に思います! ヒーロー達を愛する全ての方々の期待を裏切らないよう、しっかりと笑を演じたいです。どうぞ楽しんでください。

 

●ラジャ・カーン (CV:安元洋貴)

3メートルを超える巨漢で、醜悪な怪物のような姿をしている。

安元洋貴さんからのコメント

物知らぬ僕でもよく知ってる男達が集結しました。熱くないわけがありません。どんなドラマに仕上がるのか、皆様楽しみにしていてください。僕自身もトリッキーな役どころ。目一杯楽しみたいと思います。

 

●ダミアン・グレイ (CV:平川大輔)

まるでビジュアル系のような派手なファッションに身を包み、外国語交じりの特徴的な言葉で話す。

平川大輔さんからのコメント

ダミアン・グレイ役を担当させて頂くことになりました平川大輔です。ダミアンはちょっとクセのあるキャラクターで、僕自身やり甲斐と難しさを感じております。フル3DCG映像の迫力に負けないように、そしてタツノコプロさんの55 周年を記念する作品に携わらせて頂けることに感謝と誇りを持って、全身全霊で取り組ませて頂きたいと思います。

 

●ベル・リン (CV:花澤香菜)

その美しい容姿からは想像もできない、非常に高い戦闘力を持っている。

花澤香菜さんからのコメント

ヒーロー達とどのように関わっていくのか、どのような戦い方をするのか、楽しみな役所です。そして私自身あまり演じた経験のないミステリアスセクシー美女なので嬉しいです!!

 

●Z (CV:斧アツシ)

全世界で起こる異変の裏で暗躍する謎の男。その正体についての一切は不明であり、アルファベットの最後の文字である「Z(ゼット)」と呼ばれる。

斧アツシさんからのコメント

私が1歳の時に産声をあげたタツノコプロさん。同時代を歩んで55年後に出逢い、記念すべき一作をともに作ることになるとは、それまで想像もしていませんでした。それだけに嬉しさもひとしお。大ファンだったガッチャマンをはじめ四大ヒーローを相手に、気兼ねなく、思う存分大暴れします!

 

スタッフ&スタッフコメント

●タツノコプロ代表取締役社長:桑原勇蔵さん

私たちタツノコプロは、今の時代にこの作品を生み出す意味を考え抜き準備を進めてきました。2017年10月、創立55周年を迎えるその時に、この『Infini-T Force』は全世界に向けて発信されます。是非ご期待ください。

 

●監督:鈴木清崇さん(代表作:『PSYCHO-PASS2』シリーズディレクター、『GATCHAMAN CROWDS insight』助監督)

55周年+フル3DCG作品ということで、いつの時代も新しい映像表現を求め続けるタツノコらしい挑戦となりました。初監督ということもあり七転八倒しながらもスタッフ一丸となって鋭意制作に励んでおります。どうぞご期待ください。

 

●シリーズ構成:大野敏哉さん(代表作:『GATCHAMAN CROWDS』、『スイートプリキュア♪』)

伝説のヒーローたちが一つの世界に集結する。そんな素晴らしい物語に参加できたことを嬉しく思い、それが今まさに動き出そうとしていることにとてもワクワクしています。今回彼らが戦うべきもの、救うべきものとは? 彼らが持つ無限の力とは? その辺りに注目してご覧ください!

 

●スーツ・メカニックデザイン:中北晃二さん(代表作:『GATCHAMAN CROWDS』、 『獣装機攻ダンクーガノヴァ』)

単体の作品で、イメージの刷新を求められた『ガッチャマンクラウズ』に対し、今回は複数のタツノコヒーロー作品にまたがるクロスオーバー。どなたが見ても納得いただけるよう、元のキャラクターイメージを極力損なわないアレンジを心がけました。果たしてその目論見は上手くいっているでしょうか。

 

●キャラクター原案:大暮維人さん(代表作:『天上天下』、『エア・ギア』)

子どもの頃、毎週見ていたアニメに自分が関われる日が来るとは。なんとも不思議な気分です。ちょっとだけ歳をとって成長したヒーローたちの活躍にエールを!

 

●ヒーローデザイン原案:さとうけいいち(代表作:『TIGER&BUNNY』、『鴉-KARAS-』)

 

DATA

Infini-T Force

  • フル3DCGアニメーション
  • 放送日:2017年10月より
  • 放送:日テレ、ほか
  • 監督:鈴木清崇
  • シリーズ構成:大野敏哉
  • スーツ・メカニックデザイン:中北晃二
  • キャラクター原案:大暮維人
  • ヒーローデザイン原案:さとうけいいち
  • 3DCG制作:デジタル・フロンティア
  • 制作:タツノコプロ

 

●「アニメエキスポ」について

1992年から始まり26回目を迎えるアニメイベント。2016年も7月に4日間開催され、延べ30万人を動員し、今や北米最大のアニメイベントに成長しています。アニメ関連のブースが数多く並び、アニプレックスや東映アニメーション、ポニーキャニオンといった企業ブースでは自社の抱えるアニメタイトルのプロモーションとそのグッズの販売の2つを主軸にブースが構成。売り切れの商品も多数出てくるほどの盛況ぶりで、毎年参加者の規模が拡大し続けています。さらに、多くのゲスト、アーティストが毎年招待され、大きなコンサートも開催。西川貴教、ももいろクローバーZ、中川翔子など海外でも人気のアーティストが参加しています。その他、日本アニメのコスプレイヤーのパフォーマンスや、ワークショップ、参加型イベントが各ブースで展開されています。

 

関連情報

 

 

(C)タツノコプロ (C)タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery