『機動戦士ガンダム』ジオン軍初の量産型MS・旧ザクが「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」シリーズに登場!

更新日:2017年9月4日 12:47
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

アニメそのままのフォルムと表現、劇中さながらの可動を実現する「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」シリーズに、ジオン軍初の量産型汎用MS・旧ザクが登場! 2018年1月発売予定となっています。

 

 

独特な丸みを帯びたフォルムはよりアニメ作中の表現が追求され、ROBOT魂ならではの可動性により印象に残る様々なポーズもバッチリ決まります。モノアイは左右に動かせるほか、首部分には2軸式の可動ギミックが盛り込まれているので、表情も豊かです。

 

105mmマシンガンや240mmバズーカ、ヒートホークといったザクを代表する武装も付属。さらにセットになっているザク・マシンガンエフェクトやバズーカエフェクトと合わせることで、まるでアニメからそのまま飛び出してきたかのような画作りが可能となっています。

 

そのほか、「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.」など別売りの同シリーズアイテムの武装など、互換性もバッチリ。価格は5,400円(税込)となっていますので、ぜひゲットしてくださいね。

 

DATA

ROBOT魂 <SIDE MS> MS-05 旧ザク ver. A.N.I.M.E.

  • ABS&PVC製可動フィギュア
  • 全高:約12.5センチ
  • 発売元:バンダイ
  • セット内容:本体、交換用手首左右各4種、105mmマシンガン、240mmバズーカ、バズーカラック、ヒートホーク、ヒートホーク収納形態、ガス弾発射器、ジョイントパーツ一式、バズーカエフェクト、ザク・マシンガンエフェクト、バーニアエフェクト×2、爆破エフェクト、手首格納デッキ
  • 価格:5,400円(税込)
  • 2018年1月発売予定

※2017年9月1日(金) 一般販売店にて予約解禁予定です。

 

関連情報

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery