人型二足歩行『ヘキサギア』バルクアームα(アルパ)がついに登場!ガバナーが搭乗できるクローズドコックピットタイプに注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コトブキヤが展開するフレームアームズ・M.S.Gシリーズのノウハウを蓄積した新たなマルチアッセンブルメカニックユニット『ヘキサギア』に、人型二足歩行ヘキサギア「バルクアームα(アルパ)」がラインナップ! 2018年4月発売予定です!

 

I201711HGBa_001 I201711HGBa_002

 

ヘキサギアシリーズ初のクローズドコックピットタイプが採用された本アイテム。堅牢なコックピットは“コックピットシェル”の展開や“操縦桿の可動”などギミックにこだわった構造となっており、実際に別売りのガバナーを搭乗させることが可能です。

I201711HGBa_005 I201711HGBa_006 I201711HGBa_007 I201711HGBa_008 I201711HGBa_009 I201711HGBa_010

 

左腕に装備した「戦車砲」は未使用時には後方部を背面のドッキングハンガーに懸架することができるほか、弾倉の取り外しギミックを搭載しており、内部には弾薬のディテールが施されています。

I201711HGBa_003 I201711HGBa_004

 

頭部ユニットは2種類付属し、オリジナルのアッセンブルに合わせてお好みで使用ができます。

I201711HGBa_015 I201711HGBa_016

 

手首パーツは展開して簡易型マニュピレーターを接続して別売りのウェポンユニットなどを持たせることも可能です。

I201711HGBa_012 I201711HGBa_013 I201711HGBa_014

 

全身のヘキサグラムシステムにより、発売中のヘキサギアと自由に組み合わせて様々なシルエットのメカを構築することができます!

I201711HGBa_017

 

■ヘキサギア バルクアームα(アルパ)設定解説

ゾアテックスの登場より以前に主流だった人型二足歩行ヘキサギア。多くのバリエーションを生み出し全世界に普及、史上最も長く使用されたシリーズです。堅牢な装甲と格闘戦用の拳、戦車砲を直接腕に装備したような外観を持ち、主力戦車の発展型のひとつと考えられています。元は作業用重機の規格として開発されたヘキサギアでありますが、戦闘用に調整された本機体には『α』の名が与えられ、後に続く多くのバリエーションの雛形となりました。

 

DATA

ヘキサギア バルクアームα(アルパ)

  • キットブロック
  • 1/24スケール
  • 全長:約16.5センチ
  • 発売元:KOTOBUKIYA
  • 設計:毛利 重夫
  • 付属品:頭部ユニットA×1、頭部ユニットB×1、簡易型マニピュレーター×2、アーカイブカード×1
  • 価格:5,800円(税抜)
  • 2018年4月発売予定

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) KOTOBUKIYA


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201810_01_SAOmd_ec
  • shodo-x_ec
  • bppz201809_04_sao_ec_re
  • 20181002sugumikouhen01catch
  • 20181002sugumizenpen01catch
  • bppz201810_03_imascg_ec