『デジモン』圧倒的ボリュームでフィギュア化されたG.E.M.ウォーグレイモン&太一、メタルガルルモン&ヤマトの魅力を原型でご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

TVアニメ放送開始から15年以上の時を経た今もなお大人気の『デジモンアドベンチャー』より、ウォーグレイモン&八神太一、メタルガルルモン&石田ヤマトがメガハウス“G.E.M.シリーズ”からついに登場! 大迫力の原型撮り下ろし写真で、本アイテムの魅力に迫ります。

 

gem_digimon_1712_01

 

 

G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー ウォーグレイモン&八神太一

作中でも強い友情の絆で結ばれているウォーグレイモンと太一。アニメ終盤でのダークマスターズたちとの激闘を想起させるようなお揃いのポーズが印象的ですね。

gem_digimon_1712_02 gem_digimon_1712_03

 

アグモンがワープ進化した究極体にして、クロンデジゾイド製の鎧に身を包んだ竜人型デジモンであるウォーグレイモン。大地をグッと踏みしめているような力強い姿がかっこよすぎます! また、背中の盾「ブレイブシールド」に刻まれた勇気の紋章がバッチリ再現されているのも見逃せません。

gem_digimon_1712_04 gem_digimon_1712_05

 

凛々しい横顔もステキ! メタルシードラモンやムゲンドラモンなどを撃破した両腕の武器「ドラモンキラー」もシャープに仕上げられているほか、ところどころに細かな傷の造形が施され、作中の激闘の軌跡を感じさせてくれるのもグッとくるポイントですね。

gem_digimon_1712_07gem_digimon_1712_06

 

鎧だけでなく、ウォーグレイモン自身のマッシブな身体の表現も本アイテムの魅力のひとつ。力が込められることで浮かび上がる血管まで造形表現されており、フィギュアの情報量をグッと引き上げてくれています。

gem_digimon_1712_08

 

パートナーである太一も、デジヴァイスを手に、小サイズながら特徴的な髪型や衣装を作中のイメージそのままに再現。デジタルワールドでの長い旅を通じて大きく成長した彼の力強い表情が魅力的ですね。

gem_digimon_1712_09 gem_digimon_1712_10

 

DATA

G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー ウォーグレイモン&八神太一

  • PVC製塗装済み完成品
  • 全高:約26センチ
  • 原型:ピンポイント
  • 発売元:メガハウス
  • 価格:未定
  • 2018年発売予定

 

 

G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー メタルガルルモン&石田ヤマト

作中では自身の内面との葛藤から一時選ばれし子どもたちとは別行動を取ることもあったふたり。そんな中にあってもお互いを強く信じあうことで壁を打ち破ってきた彼らの絆が感じられるようなシチュエーションで立体化されています。サイボーグ化されているメタルガルルモンのメカニカルなパーツはシャープな造形で仕上げられており、どこから眺めても見ごたえ抜群の仕上がりとなっていますよ。

gem_digimon_1712_11 gem_digimon_1712_12

 

四肢を地面に付けた状態ながらもグッと力が込められた様子がこちらにも伝わってくる造形で、今にも前に駆け出しそうな躍動感を感じさせてくれますね。

gem_digimon_1712_13gem_digimon_1712_14

 

歯を食いしばりながら前を見つめるメタルガルルモンの表情も素晴らしい。クロンデジゾイドメタルで機械化された全身の武装の高い再現度もさることながら、写真には写り込んでいませんが、通常技「ガルルトマホーク」でミサイルが射出される胸部パネル部分も造形によって再現されているというのもファンの心をくすぐるポイントです。

gem_digimon_1712_16 gem_digimon_1712_17

 

太一と同じくデジヴァイスを手にし、メタルガルルモンにまたがるヤマト。彼らしい仲間への思いやりや強い決意を感じさせてくれるような熱い眼差しが胸に突き刺さりますね。

gem_digimon_1712_15

 

“G.E.M.シリーズ”史上最大級のボリュームで立体化されている両アイテム。こちらの続報が入り次第電撃ホビーウェブでも紹介していきますので、ファンの方は引き続きお見逃しなく!

 

DATA

G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー メタルガルルモン&石田ヤマト

  • PVC製塗装済み完成品
  • 全高:約15センチ
  • 原型:ピンポイント
  • 発売元:メガハウス
  • 価格:未定
  • 2018年発売予定

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)本郷あきよし・東映アニメーション


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery