これがガンプラの未来!?自動変身する「1/20 ユニコーンガンダム」をガンダムベース東京に見にいってきた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ガンダムベース東京公式サイトにて「CONSEPT MODEL 1/20Scale」と記されたユニコーンガンダムのティザーサイトが公開され、話題を呼んでいます!!

 

▲公開されたバナー。

▲公開されたバナーです。いったいこれはどういうことなのか!?

 

本日12月22日(金)17時に更新された続報によれば、これは「自動変身する1/20スケール ユニコーンガンダムのコンセプトモデルが完成し、明日12月23日(土)からガンダムベース東京にて公開される」ということのようです! えぇっ!? 自動変身ってどういうこと!!? というわけで電撃ホビーウェブでは、ひと足早くそのコンセプトモデルを見学させていただきました!!

 

▲

▲ガンダムベース東京内イベントスペースに設けられた厳かな囲い。壁面にはビスト財団のシンボルマークとともに「For the future of GUNPLA」の文字が。この中に自動変身の1/20ユニコーンガンダムがあるようです。

 

ガンダムベース東京イベントスペースに設けられた囲い(上写真)からは、なにやら鼓動音と共にうっすらとピンクの光が見えます。残念ながら撮影はNGで、つまりは「実際にガンダムベース東京に足を運ばなければ見られない」ということのようです。ここに案内され、約2分間の自動変形アクションを見ることができます。公開は少人数ずつおこなわれるとのことで、人ごみを気にせずゆっくりとその華麗なるアクションに没頭することができるでしょう。

 

さて、ここからは実際に自動変身を見た感想ですが、

 

ハッキリ言って超スゴイです!!!

 

バックパック部分のビーム・サーベルの回転、頬のガードの回転、胴体や脚部の頭身の変化など、再現の難しそうな部分が「自動で」変形していくさまは、ユニコーンガンダムファンも思わず唸ってしまいます。また、サイコフレームも赤→青→緑と変化。さらには変身時にバックに流れるBGMも、専用に作曲されたものとのこと。変身にぴったりマッチしており、その世界観にひきずりこまれます。

 

ちなみに変身のスピード感はかなりのもの。アニメ本編よりもはやい印象なのですが、1/20スケールという大きさを考えると、スピード感があったほうがリアリティを感じられます。なかなか1回の見学では「どこの部分がどのように動いているのか」をチェックしきるのは難しいと思うので、可能であれば何度も見たいところですね。オススメのアングルとしては斜め下から見ることでしょうか。ユニコーンガンダムの巨大感をまざまざと感じることができます。

 

とにかく半端じゃない「自動変身 1/20 ユニコーンガンダム」ですが、重要なのは「ガンプラ」と銘打たれている点だと感じました。つまりは、近い将来にこんなガンプラが手に入る時代がくるかも!? と思うと、可能性に胸が高まります。また、1/20スケールという点も新鮮でした。実はこのコンセプトモデル、ガンダムベース東京で「ユニコーンワールド」が開催されていた当時、普通に展示されていたとのことですが、誰も変身する(しかも自動)とは気づかなかったとのことです。そりゃそうだよ!!

 

 

DATA

自動変身 1/20 ユニコーンガンダム

  • 公開期間:2017年12月23日(土)~2018年1月中旬
  • 料金:無料
  • 演出時間:11:00~14:00(受付時間:10:00~)

15:00~18:00 (受付時間:14:00~)

19:00~20:00 (受付時間:18:00~)

  • 演出回数:20分ごとに実施予定 約2分/回
  • 受付:先着順 規定の人数に達し次第終了となります。整理券の配布はありません。
  • 受付場所:ガンダムベース東京 イベントゾーン G-CAGE横
  • 写真撮影:禁止
  • 動画撮影:禁止

※コンセプトモデルのため、途中で演出が中止になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery