ロボットが店長のカフェ!?ロボットがコーヒーの販売・提供を行う「変なカフェ」が2月1日に渋谷にオープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

エイチ・アイ・エスが、協働ロボットがコーヒーの販売・提供を行う「変なカフェ」を、2018年2月1日(木)より渋谷モディの地下1階H.I.S.渋谷本店内に新規オープン!

※協働ロボットとは、人との共同作業を可能としたロボットのことです。

 

sub1

 

使用ロボットは、米国Rethink Robotics社が開発・生産する、単腕型・高性能協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」の2台。本格ドリップコーヒーを淹れるロボットは、現在日本でここでしか実稼動しておらず、唯一の商業利用となります。
main

 

提供メニューは7種類、1杯あたりを提供するのに必要な時間は、本格ドリップコーヒーがおよそ3~4分、それ以外のメニューでおよそ2~3分となります。

 

●本格ドリップコーヒー提供の流れ一例

  1. 発売機にて、好きなメニューを選んで購入する。
  2. バーコード付きのチケットをバーコードリーダーにかざす。
  3. 「Sawyer」がコーヒーカップをバリスタマシンの「Poursteady」に移す。
  4. 「Sawyer」が金属フィルタを持ち、コーヒー豆を削って金属フィルタへ入れる。
  5. 「Sawyer」がバリスタマシン「Poursteady(ポアステディ)」のボタンを押しコーヒーを淹れる。
  6. 「Sawyer」が受取カウンターへコーヒーを移し、客にでき上がりを知らせる。
  7. 「Sawyer」が金属フィルタの中に入っているコーヒー豆を捨て、洗浄を行い元の場所に戻す。

sub2

 

また、本格ドリップコーヒーには、パートナーズコーヒーという生産者の顔が見える農園指定のコーヒー豆のみを使用。ブラジル、グアテマラ、エチオピアの豆を最適な割合でブレンド、2段階の焙煎でしっかりとした味を楽しめます。エスプレッソコーヒーは、ブラジル、コロンビア、インドネシアの豆をブレンドし、1回の焙煎で程よい苦味と深いコクが特徴です。

 

DATA

変なカフェ(H.I.S.渋谷本店)

  • 住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディB1F
  • 営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)

※定休日1月1日・メンテナンスによる臨時休業あり

 

●メニュー

  • 本格ドリップコーヒー…320円
  • アメリカーノ…290円
  • カフェラテ…380円
  • カプチーノ…380円
  • ココア…380円
  • カフェモカ…410円
  • 抹茶ラテ…410円

※全て税込み価格・サイズはMサイズ

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery