書籍「マジンガーZ大百科図録」誕生秘話① 色褪せない魅力を放つ機械獣などTVアニメ版にこだわる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

こんにちは。「マジンガーZ大百科図録」の構成を担当している、五十嵐です。「誕生秘話」の第1回目は、この本の企画コンセプトについてお話したいと思います。

 

●ありそうでなかったコンセプト

まず、本書の企画をK編集長からいただいたとき、思い浮かんだことは1つ。TVアニメ『マジンガーZ』のみで1冊を作りたい、ということでした。

 

『マジンガーZ』は稀代の人気作品ですから、過去に多くの本が出ています。大人向けの研究書も存在しますが、その多くは「永井豪先生の原作マンガ」の要素や「マジンガーシリーズ全般」で構成されていました。つまり、TVアニメ版『マジンガーZ』のみで作られた本は案外少なかったのです。

 

私はTVアニメ(および「東映まんがまつり」で上映された劇場用新作映画)の『マジンガーZ』が好きでした。もちろん原作マンガは傑作だと思っていますし、『グレートマジンガー』も『UFOロボ グレンダイザー』を何時間も語れるくらい好きです。しかし、毎週放送されていたTVアニメ版が、私にとっての『マジンガーZ』のイメージ・シンボルなのです。

006-007014-015▲上の画像は、TVアニメ版『マジンガーZ』の基本設定。これまでカラーリング設定が掲載される機会は極めて少なかった。そういった意味でも貴重な資料といえる。

 

TVアニメ版の魅力は機械獣

では、「TVアニメ版の魅力は何か?」と、言われれば即座に機械獣と答えます。毎週登場する、バラエティに富んだ機能とデザインを持った機械獣は、今見ても色褪せないものです。本書はダイナミック企画さん、東映アニメーションさんに残っていた資料を駆使して、機械獣を紹介。一部、一切資料が見つからない機械獣もいますが、映像キャプチャーを使用してすべての機械獣(および第92話登場の戦闘獣)を掲載しています。

062-063

072-073

▲機械獣の設定は、形状違いの準備稿バージョンも含めて掲載。

 

●劇場用映画の設定資料も掲載

劇場用映画『マジンガーZ対デビルマン』、『マジンガーZ対暗黒大将軍』の設定資料も収録。『マジンガーZ対デビルマン』に関しては、TVアニメ版『デビルマン』から流用された設定も入れてあります。

 

また、意外と知られていませんが、『マジンガーZ対暗黒大将軍』については、TVシリーズ『グレートマジンガー』で描き直された設定も多いため、明確に区別されるべきと考えました。そのため、本書は『マジンガーZ対暗黒大将軍』のために描かれた設定のみを掲載しています。

078-079

082-083▲劇場用映画の設定ページ。グレートマジンガーのアップや、ミサイル発射装置のないブレーンコンドルは、この劇場用のみに使用されている。

 

●さて次回の誕生秘話は?

次回の誕生秘話その2は、本書の個人的な大きなこだわりポイントの『マジンガーZ対暗黒大将軍』の絵コンテ再録の話を中心に語っていこうと思います。お楽しみに!

 

>>「マジンガーZ大百科図録」Amazon予約ページ

 

DATA

マジンガーZ大百科図録

  • A4判
  • 2018年3月発売予定
  • 定価:4,800円(税別)

 

<目次>

  • 巻頭言 永井豪先生
  • カラー資料で見る 『マジンガーZ』の世界
  • 『マジンガーZ』設定資料集
  • 劇場版設定資料集
  • 劇場映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』絵コンテ集

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)ダイナミック企画・東映アニメーション


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201809_02_geass_ec
  • smp_goraion_rev_ec
  • eye
  • Gframe03_eye2
  • bppz201809_01_imas_ec
  • Ashooters_ec