『ダイアクロン』最新作は“単体での機動性を強化した”新型パワードシステム!!

更新日:2018年6月22日 15:57
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タカラトミーの“大人の男玩”『ダイアクロン』シリーズに、さらなる拡張性とボリューム感を加えた2体の異なる新型機動スーツ、「マニューバアルファ」と「マニューバベータ」が仲間入り!

 

DA-21-a1 DA-22-a1

『ダイアクロン』シリーズは、全高3センチのアクションフィギュア(ダイアクロン隊員)を中心に、同スケールの強化用メカニックやビークル類と一緒に遊べるコレクションアイテムです。パワードスーツは運用目的に準じた「可変機能」を搭載し、ダイアクロン隊員の戦闘力を拡大増幅する戦闘強化アーマー。全身9カ所が可動するダイアクロン隊員1体と強化用メカニックのセットは、ダイアクロンの魅力が凝縮された入門用としても最適なアイテムで、これまでにもさまざまなバリエーションが登場しています。

 

今回は、開発中の出力試作を使って、この2体の新型機動スーツの外観や可動ギミック、付属品などについて紹介します!

 

●DA-21 パワードシステム マニューバアルファ(仮)

DA-21-a2 DA-21-a3 DA-21-a4 DA-21-a5 DA-21-a6 DA-21-a7

「マニューバアルファ」の「機動モード」。全身フル稼働モデルで、本品の最大の特長はこれまでのシリーズにはなかった「頭部センサー」が付いていること。胸部にダイアクロン隊員が乗り込むスタイルとヒーローロボットのようなフォルムは、タカラトミーのオリジナルキャラクターSF玩具シリーズとして誕生した『ミクロマン』シリーズの「ロボットマン」を彷彿とさせるデザイン。手首の可動部も増設されて、手持ち武器を装備したポーズもかっこよく決まります。

 

DA-21-a8

※実際の商品の彩色は異なります。

本品には、ダイアクロン隊員1体が付属。ダイアクロン隊員は、頭部センサーを出した状態(※写真は八ッチオープン状態)でのみ搭乗することができます。

 

DA-21-b1 DA-21-b2 DA-21-b3

腕部は「握り手」以外にも、「短剣タイプ」や「銃タイプ」のアタッチメントに組み換え可能! 用途にわけてカスタマイズすることができます。

 

DA-21-b

手持ち武器、腕部のアタッチメント、3ミリジョイント、4ミリジョイントなどが付属します。

 

DA-21-c

機動スーツと腕部のアタッチメントが収納できる輸送用コンテナ「新型のレイドチェンバー」(1個)も付属します。

 

DA-21-c1 DA-21-c2 DA-21-c3 DA-21-c4

DA-21-c5

※写真にある透明の台座は付属しません。

レイドチェンバーのハッチを開いて、中に「搭乗・格納モード」(頭部を胸部内に収納して肩部、腕部、脚部を折りたたんだ状態)に変形させた機動スーツを格納できます。交換用腕部もパネルにマウントすることで収納可能。

 

このギミックを見て、同社より発売されて大ヒットした懐かしのSF玩具「変身サイボーグ」の武器セットを思い出す人も多いのではないでしょうか。ハッチの可動域も拡がり、拡張性がアップした新型のレイドチェンバーも大きな魅力です。

 

DATA

DA-21 パワードシステム マニューバアルファ(仮)

  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:未定
  • 2018年夏期発売予定

 

 

●DA-22 パワードシステム マニューバベータ(仮)

DA-22-a2 DA-22-a3

「DA-22」は、無基地建設、掘削作業などに特化した機動スーツ。胸部の装甲窓にはクリアパーツを使用しているので、搭乗しているダイアクロンが視認できます。“建機”をイメージしたパワフルなデザインがグッとくる本品のカラーリングは、オレンジを基調としたカラーリングを想定しているとのこと。

 

DA-22-b1 DA-22-b2 DA-22-b3

腕部は組み換え可能。基本の「握り手」に加え、ドリル、開閉することができる作業用のクロー型アタッチメントが付属します。

 

DA-22-b4

コックピットハッチを開いて、ダイアクロン隊員(1体)を乗せることが可能。これまでのダイアクロン隊員と同様、足の裏には磁石が入っています。

 

DA-22-c

別売りの「DA-21」と同型の「新型のレイドチェンバー」が1個付属。機動スーツと腕部のアタッチメントを収納することができます。

 

DA-22-c1 DA22-c2 DA-22-c3 DA-22-c4

DA-22-c5

※写真にある透明の台座は付属しません。

別売りの「DA-21」と同様、「搭乗・格納モード」に変形させた機動スーツを格納可能。交換用腕部をパネルにマウントして収納することもできます。ハッチの可動域が拡がったことで、写真のようにスロープ状に角度をつけた配置ができるので、これまでとはまたひと味違った機動スーツの発進&格納シークエンスを楽しめます。

 

DA-22-d

発売中の「パワードスーツ Dタイプ」(右・全高55ミリ)と、今回の新アイテム「DA-21」(左・70ミリ)、「DA-22」(中央:70ミリ)の機動モードでの比較写真。2体の新型機動スーツのボリュームアップ感に驚かされます。

 

DA-22-d1 DA-22-d2

こちらは「レイドチェンバー」単体での比較写真。左がこれまでの「レイドチェンバー」で、右が今回新たに登場する「新型のレイドチェンバー」。コンテナ部分そのもののボリュームも増しています。

 

DA-22-d3

DA-22-d4

※写真は2個を連結した状態。

付属の3ミリジョイントを使うことで、背中を合わせた形に組んだり、上に積み上げたり、「新型のレイドチェンバー」同士を連結したり、組み換えたりして遊ぶことができます。

 

DATA

DA-22 パワードシステム マニューバベータ(仮)

  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:未定
  • 2018年夏期発売予定

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)TOMY


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery