差し替えなしの完全変形を実現!『サイバーフォーミュラ』ヴァリアブルアクションHi-SPECスーパーアスラーダの変形ギミックを徹底解説!【短期集中連載第3回】

更新日:2018年3月9日 11:43
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

メガハウスから発売される「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC 新世紀GPXサイバーフォーミュラ スーパーアスラーダ01」の魅力を徹底紹介する本連載。第3回(最終回)となる今回は、3月8日(木)からの予約受付開始に先駆けて、本アイテムの変形機構やメガハウス開発担当者のこだわりを徹底解説していきます。

 

※連載バックナンバー

 

主人公・風見ハヤトが駆るスゴウチーム2台目のサイバーマシンであるスーパーアスラーダ01。2018年2月に開催された「C3AFA 香港」や「ワンダーフェスティバル2018[冬]」での展示でその美しい仕上がりを目にした方も多いことでしょう。まずは、YouTubeチャンネル「メガトレステーション」で公開されているこちらの動画をご覧ください。

 

 

このイメージ映像を見てわかるように、今回のスーパーアスラーダ01の最大の特徴は、作中で描かれているテクニカルサーキットモード、ラリーモード、エアロモードの3形態を、差し替えなしの完全変形で実現しているという点です。また、本アイテム開発にあたっては、完全変形を実現するために3Dデータ上での検証、原型試作による検証に加え、設定上のスタイリングとのすり合わせ、検証という段階を踏んでブラッシュアップを重ね、実現に至るまでじっくりと設計。作中さながらの変形とシャープなフォルムの両立が可能となりました。細部までこだわり抜いて開発されたまさに“究極”のスーパーアスラーダ01といえるアイテムとなっているのです。では、早速本アイテムの魅力を撮り下ろし写真でご紹介していきます。

 

 

まずはテクニカルサーキットモード。スゴウチームの1台目のサイバーマシンである「アスラーダGSX」と比べてよりエッジの効いたスタイリッシュなフォルムが見事に再現されており、今にも走り出しそうな仕上がりとなっていますね。

vahs_asrada_180305_01

 

車体カラーリングはガイアノーツ協力のもと、1/18スケールで見栄えがするように新たに調色されたもので塗装されており、より重厚感のある仕上がりとなっているのです。

vahs_asrada_180305_21

 


【ガイアノーツ担当者コメント】

本製品は、アニメ設定色を完全再現したガイアノーツ社のサイバーフォーミュラカラーをベースとし、鮮やかさや深みの調整をしたサンプルカラー各色を数パターン用意しました。
その中から1/18スケールという大きなモデルに見栄えのする色を選択することで、サイズ感や重厚感を持たせることを可能にしました。

矢澤 乃慶(ガイアノーツ株式会社)
向山口 孝(フィニッシャー)


 

 

変形ギミックの解説に入る前に、各部のディテールを見ていきましょう。まずは車体中央部のサスペンション。アニメ設定色をベースに、金属の質感が表現されたメタリック感のある塗装が施されており、作中でタイヤ部分がアップで描かれていたワンシーンを想起させるような再現度となっています。

vahs_asrada_180305_02

 

こちらは風見ハヤトが搭乗するコックピット部分。クリア素材で再現されたキャノピーウインドーはスライドさせることで開閉が可能。内部もスピードメーターやシート、ブーストオンをするためのレバーはもちろん、ハンドル右前方に設置されたアスラーダまでバッチリ再現されています。

vahs_asrada_180305_03 vahs_asrada_180305_04 vahs_asrada_180305_05

 

このほかにも、コックピット後部のサテライトシステムや車体側部のエフェクトファン、リアウイングのエアブレーキ展開なども可動。エンジン熱を放出するための空気穴なども細かく作り込まれていますよ。

vahs_asrada_180305_07 vahs_asrada_180305_06vahs_asrada_180305_08

 

そしてこちらがブーストポッド部分。内部は使用感のあるメタリック塗装となっているほか、車体の青とメリハリのある艶感のある赤い塗装が美しいです!

vahs_asrada_180305_09

 

もちろん、ブーストシステムを作動させた時のリアウィングがV字になって伸長した状態も再現可能。ハヤトの「ブースト、オン!」という印象的なセリフが今にも聞こえてきそうです。

vahs_asrada_180305_10

 

続いてご紹介するのは荒れ地などを走る際に変形するラリーモード。このモードの特徴は何といってもせり出したライトとサスペンション部分が上がることで車体全体が持ち上げられた構造。側面から見れば、車体が持ち上がっている様子がよくわかると思います。

vahs_asrada_180305_11vahs_asrada_180305_13vahs_asrada_180305_12

 

車体をリフトアップしてくれている車軸部分がこちら。タイヤを押さえながらシャーシ部分を押することで、ストレスなく車体を持ち上げることが可能となっているのです。

vahs_asrada_180305_14

 

最後にご紹介するのはエアロモードですが、その前にラリーモードからエアロモードへの変形方法をご紹介します。まずフロントパネル部分を持ち上げ、せり出しているライトを車体後方に向けて折りたたみます。そして持ち上げていたフロントパネルを下げれば……。

vahs_asrada_180305_15 vahs_asrada_180305_16 vahs_asrada_180305_17

 

ご覧のとおりライトが見事に収納され、簡単にエアロモードに変形! 高速走行を実現するために極限まで空気抵抗を減らしたシャープなシルエットが見事に再現されていますね。

vahs_asrada_180305_18 vahs_asrada_180305_19

 

『サイバーフォーミュラ』ファンであればぜひゲットしていただきたい、圧倒的完成度の本アイテム。プレミアムバンダイメガトレショップでは、限定購入特典も予定されているので、ご予約をお忘れなく!

vahs_asrada_180305_20

 

DATA

ヴァリアブルアクションHi-SPEC 新世紀GPXサイバーフォーミュラ スーパーアスラーダ01

  • ABS&PVC&POM&ダイキャスト製彩色済み可変フィギュア
  • 1/18スケール
  • 全長:約26センチ
  • カラーリング協力:ガイアノーツ
  • 発売元:メガハウス
  • プレミアムバンダイ、メガトレショップ限定購入特典あり
  • 価格:33,333円(税抜・送料別)
  • 2018年7月発売予定

※2018年3月8日(木)より予約受付開始となります。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)SUNRISE


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • nekomusume_eye
  • 20181108sugumiganpura01catch
  • godhand_nipako_main
  • 20181108sugumizenhan01catch
  • fnex_mumei_main
  • inre_ec
  • AquaShooters01_ec
  • rev_furyu_elf_main
  • fnex_miku2018_main