対巨神兵器への対抗兵器[クィンリィ]、その複雑かつ効率的な換装機構を解説!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」イラスト連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

全高40メートルを超える巨大MSは、一年戦争時からそのコンセプトは存在。その後、グリプス戦役期には、MRX-009 サイコガンダムなどの可変MAが実用化されました。巨大MSの出現が確実視されるに伴い、TR計画にもそれに対抗する機体が考案されました。それが[クィンリィ]形態です。素体となる[ウーンドウォート・ラー]形態を中心にフルドドIIを装着、さらに[アドバンスド・キハールII]、ギガンティック・アーム・ユニットなどを装備することで、[クィンリィ]形態および「ギガンティック形態」に。これらの各種パーツを制御するためには特殊なOSが必要であり、TR計画では強化人間人格対応OS「BUNNyS」が実用化されています。

 

ar_ba49note

上の画像は、[クィンリィ]形態の分解図。素体中心に各種パーツが装着されていることがわかります。この多数のパーツを制御するために開発されたシステムが、強化人間人格対応OS「BUNNyS」です。

 

●ARZ-124 [フルアーマー・クィンリィ]

ph02

[クィンリィ]装備に加え、ギガンティック装備などを装着した[フルアーマー・クィンリィ]形態。各種汎用強化パーツなども装着した、極めて複雑な装備形態ですが、本図では、コアとなる[フライルーIIラー]と[アドバンスド・キハールII]、そしてギガンティック装備の3つに大きくわけられます。

 

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 20181217tonton01catch
  • bppz_01_garupan_ec
  • bppz_re_03_Tensura_ec
  • bppz_re_04_SAOCR_ec
  • 20181206heizurukouhen01catch
  • 20181206heizuruzenpen01catch
  • f90_r2_ec
  • f91_ec
  • bppz_re_02_DarthVader_ec