『PSYCHO-PASS サイコパス』と『GODZILLA 決戦機動増殖都市』がコラボ!「ドミネーター」はゴジラを執行対象とみなすのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年5月18日(金)全国公開となるアニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』と、『PSYCHO-PASS サイコパス』のスペシャルコラボが決定!

 

【GODZILLA×PSYCHO-PASS】スペシャルコラボビジュアル

 

このたび公開されたコラボビジュアルは、『PSYCHO-PASS サイコパス』の塩谷直義監督自らがラフを切り、作画がスタート。アニメーション映画『GODZILLA』の物語の舞台である2万年後の地球でパワードスーツ(二足歩行可能なロボット)の陰に身を潜めながら、歴代最大のゴジラ<ゴジラ・アース>に対峙する、『PSYCHO-PASS サイコパス』の主人公・常守朱が描かれています。そして、朱が作品の代名詞とも呼べる<携帯型心理診断・鎮圧執行システム・ドミネーター>を構えている、コラボならではの意外性と緊迫感あふれる1枚となっています。

 

本コラボは、両作品が2018年に5周年を迎えたアニメーションレーベル「TOHO animation」作品であることをきっかけとして実現。レーベルが立ち上がった2012年にフジテレビにて放送された『PSYCHO-PASS サイコパス』と、5周年の節目である2018年に劇場公開される『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は、ストーリー原案・脚本をアニメーション界の鬼才・虚淵玄氏(ニトロプラス)が担当した点や、メインキャラクターを演じるキャストとして、花澤香菜や櫻井孝宏が出演している点などの共通点も多くみられます。2作品の今後の展開に期待しましょう!

 

 

監督からコメントが到着!

スペシャルコラボに関して『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の静野孔文監督と瀬下寛之監督、『PSYCHO-PASS サイコパス』の塩谷直義監督からコメントが到着しましたのでご紹介!

 

●静野孔文監督コメント
コラボレーションの企画を聞いた時は驚きました。どんなビジュアルなるのかドキドキしていましたが、怪獣惑星と化した地球で堂々と対峙するゴジラと朱は違和感がなく、今にも物語が動き出しそうな空気感も素敵です。

 

●瀬下寛之監督コメント
塩谷監督自らがラフを切った作画! …自称『PSYCHO-PASS サイコパス』ファンとては、まさに豪華なコラボに感涙です。ドミネーターがGODZILLA各キャラクターをどう診断するのか……ものすごく気になります!

 

●塩谷直義監督コメント
この前、『PSYCHO-PASS SS』として『Next Project』を発表させていただきました。その発表時のティザービジュアルに「朱」が登場していないので、不思議に思われた方もいるのではないでしょうか? ……そうです! 2万年後の未来にタイムスリップし、あの巨大生物ゴジラアースを執行すべく闘っています!! ……という飛躍した妄想はこの辺で終わります。今回、日本を代表する作品『ゴジラ』とコラボできたことをとても光栄に思っております。素敵な機会を頂けて嬉しい限りです。

 

 

AnimeJapan 2018での展開にも注目!

なお、コラボビジュアルは2018年3月24日(土)、25(日)の2日間、東京ビッグサイトにて開催される「AnimeJapan 2018」のTOHO animationブース(東2ホールブース No.A01)で大型ビジュアルとして展示されるほか、同ブース隣接の「TOHO animation STORE」にて同ビジュアルを使用した「GODZILLA 決戦機動増殖都市 VS PSYCHO-PASSサイコパスクリアファイル」として、数量限定販売が行われます。こちらもお見逃しなく。

 

 

『GODZILLA決戦機動増殖都市』について

『ゴジラ』映画史上初となるアニメーション映画『GODZILLA』(通称:アニゴジ)三部作の第二章。2万年ものあいだ地球に君臨し続けてきたゴジラと、絶滅の縁に追い詰められながらもそれにあらがう人類の物語。新キャラクターである、フツアの双子姉妹マイナとミアナや、歴代最大ゴジラ<ゴジラ・アース>、人類、そして新たな姿で描かれる<メカゴジラ>の“大決戦”を予感させるビジュアルが公開され話題となっています。

 

●「ゴジラ・アース」とは
西暦2030年にアメリカ合衆国に出現したオリジナルの“ゴジラ”。人類を地球から追い出した後、2万年ものあいだ成長を続け、体高300メートル、質量10万トンを超える超巨大生物と化した。『怪獣惑星』で人類に倒されたのは、体高 50メートルの「ゴジラ・フィリウス」は<ゴジラ・アース>の亜種にあたる。未知の金属元素を含む体組織で構成される筋繊維は、「ゴジラ・フィリウス」の 10倍の質量であり、発生する電磁気は惑星規模の気候変動を引き起こし、「熱線」攻撃の他、超高出力の電磁マイクロ波による共鳴破壊で物質を分子レベルまで粉砕可能な「超振動波」攻撃を有する。

 

DATA

GODZILLA 決戦機動増都市

  • 2018年5月18日(金)公開
  • スタッフ:監督/静野孔文・瀬下寛之、ストーリー原案/虚淵玄(ニトロプラス)、脚本/村井さだゆき・山田哲弥・虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクターデザイン原案/コザキユースケ、音楽/服部隆之、副監督/安藤裕章・吉平”Tady”直弘、プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli、CGキャラクターデザイン/森山佑樹、造形監督/片塰満則、美術監督/渋谷幸弘、色彩設計/野地弘納、音響監督/本山哲
  • キャスト:宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘他
  • 主題歌:XAI(TOHO animation RECORDS)
  • 製作:東宝
  • 制作:ポリゴン・ピクチュアズ
  • 配給:東宝映像事業部

 

 

『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズについて

総監督:本広克行、監督:塩谷直義、ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)、アニメーション制作:Production I.Gなど、トップクリエイターが集結し話題を呼んだオリジナルアニメーション。2012年10月にTVシリーズ第1期が放送。人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に描かれた警察機構のSFドラマは、アニメファンのみならず幅広い層で大きな話題を呼びました。2014年7月には1期に新規カットを追加して再編集した「新編集版」が、続いて2014年10月からは作家の冲方丁をシリーズ構成に迎えたシリーズ第2期『PSYCHO-PASS サイコパス 2』が制作・放送され、より高密度なSF作品としての地位を確立。2015年1月には『劇場版 PSYCHO-PASSサイコパス』が公開され大ヒットを記録しました。そして2018年度“ノイタミナ”ラインナップ発表会にて、『PSYCHO-PASS サイコパス』Next Project始動が発表! 5人の主要キャラクター、霜月×宜野座、須郷×征陸、狡噛にフォーカスした劇場アニメ3作品が、2019年1月に連続公開されることが発表となりました。

 

DATA

PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」<霜月(CV:佐倉綾音)×宜野座(CV:野島健児)編>
PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」<須郷(CV:東地宏樹)×征陸(CV:有本欽隆)編>
PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」<狡噛(CV:関智一)編>

  • 2019年1月より連続公開予定
  • 配給:東宝映像事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)サイコパス製作委員会 (C)2018 TOHO CO., LTD.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery