【JAEPO2015】話題の『艦これアーケード』試遊レポートをお届け!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

発表以降、その全貌がなかなか見えなかった『艦これアーケード』ですが、2月13日に幕張メッセで開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ2015」において、メディア向けの試遊が実施されたので、我々ホビーマガジン編集部も『艦これ』を応援しているメディアのひとつとして、早速試遊して参りました!

w-艦これアーケードlogow-筐体

▲こちらが筐体。とてもオマケとは思えない筐体右側の甲板模型に、操舵輪型コントローラーなど、『艦これ』の世界観をしっかり再現しています。

 

気になるプレイ料金についてですが、『艦これアーケード』ではプレイに必要なGPというポイントを購入していく形態となっています。GPはプレイ中1秒で1GPずつ消費され、GPが無くなった時点でそのプレイは終了となります。今回の試遊版では1クレジットで300GP、3クレジットで900GP、5クレジットで1,500GPとなっていました。

 

プレイを開始すると、自分の提督名を決め、最初に入手する艦娘を選ぶ流れに。試遊時に選択できる艦娘は吹雪、叢雲、漣、電、五月雨の5名でした。その後は選択した艦娘のカードが排出され、ブラウザゲームでも見慣れた提督の執務室へ。

 

先ほど入手したカードを読み込ませることで艦娘を出撃枠に編成し、選択した海域へ出撃……という流れはすでにブラウザゲームをプレイした提督ならすんなり入っていけると思われます。

 

出撃後はブラウザ版と同様に艦娘が海域内を移動しますが、『艦これアーケード』ではここから艦娘たちの移動を自由に操作することが可能です。移動の際は筐体に設置されている操舵輪と船速レバーを使用します。面白いのは敵と接触した際の戦隊の向きがそのまま戦闘時の陣形に直結するということです。

w-画面sakuteki
敵と真正面からぶつかれば反航戦となり、敵の進行方向に大してこちらが側面を見せた状態だとT字有利という感じで、ブラウザ版ではほぼランダムとなっていた陣形判定にプレイヤーが大きく介入できるようになりました。ゲーム慣れしている人だと、つい側面や後ろから接触したくなりますが、『艦これアーケード』では同航戦、もしくはT字不利となってしまうので、T字有利を取りたい場合は敵がこちらの側面に突っ込んでくるように回り込めば上手くT字有利が取れることでしょう。

 

w-画面kougeki

敵艦隊との接触後は艦隊戦が始まりますが、この戦闘中では画面下側に表示される青いゲージが艦娘のマーカーを超えると攻撃準備が完了。その状態で、筐体の 発令ボタンを押すと艦娘が攻撃を開始します。攻撃準備が完了してもすぐには攻撃発令せず、さらにゲージを溜めることで艦娘の攻撃力を貯めることができま す。敵に攻撃する前に手早く攻撃して手数を減らしたり、強力な敵にはゲージを溜めて確実に仕留めるなど、ブラウザゲームよりもかなり積極的にプレイヤーが 介入できるようになっています。

 

こちらの艦娘が攻撃された時なども、操縦輪や船速レバーを素早く指定通りに操作して攻撃を回避する、いわゆるQTE(クイックタイムイベント:ゲーム内で画面に表示された特定のボタン・キーを入力をするイベントの一種)のようなイベントも発生するので、戦闘中は気を抜けません。

 

こうして海域内の敵を一定数倒すことでめでたくクリアとなり、さらなる海域がアンロックされます。そして海域クリア時に一定確率で新たな艦娘との遭遇イベントが発生します。この時にさらなるクレジットを投入することで新たな艦娘カードが排出されます。

 

ゲームは基本的にこの流れを繰り返すことで進んでいきます。

 

ここからは個人的な感想となりますが、とにかく3Dモデルとなって生き生きと動き回る艦娘達の姿が非常に新鮮で、艦娘たちのモデリングや演出なども非常に細かく作りこまれているのが印象的でした。

 

IMG_8321IMG_8319

IMG_8309IMG_8305

▲こちらは会場で展示されていた、ゲーム内で使用される3Dモデルを映しだしたデジタルサイネージ。ほぼイラストどおりの仕上がりとなっているのがお分かりいただけるでしょうか。

 

例えば、母港にて艦娘をタッチした際もボイスだけでなくしっかりリアクションを取ってくれます。今回私が初期艦娘に選択した五月雨の場合、タッチするとブラウザゲーム版でも聞けた「そっ……そんなに気になります?」の台詞とともに、顔を赤らめて恥ずかしそうに俯くので、より一層感情移入できるのではないでしょうか。

 

ゲームのシステム面自体はしっかりチュートリアルでフォローしてくれるので、完全新規のプレイヤーでも戸惑うことなく入っていけると思います。もちろん、今回紹介している内容もまだまだ一部にすぎないので、今後の続報をお楽しみに!

 

なお、電撃オンラインではさらに詳細なレポートが掲載されているので、関連情報内からチェックしてみてくださいね。

 

<DATA>

艦これアーケード
■メーカー:セガ
■対応機種:AC
■稼働開始日:2015年夏予定

 

 

<関連情報>

艦これアーケード公式サイト

電撃オンライン『艦これアーケード』試遊レポート

 

 

(C)SEGA (C)2015「艦これ」連合艦隊司令部


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery