【動画あり】『機動戦士ガンダム』がハリウッドで実写映画化!LEGENDARYと共同プロジェクト!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

サンライズは、数々の映画を世界的大ヒットに導いてきたとLEGENDARY(レジェンダリー)と契約を締結。人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのハリウッド実写映画プロジェクトの情報を公開しました。

 

 

Anime Expo 2018(2018年7月5日~8日Los Angeles Convention Center)にて開催されたサンライズパネル(現地時間7月5日13時(日本時間7月6日5時)より開催)内にて、Cale Boyter氏(Executive Vice President of production/LEGENDARY)、Robert Napton氏(Senior Vice President of Publishing/LEGENDARY Comics)、田口三昭氏(バンダイナムコホールディングス代表取締役社長)、宮河恭夫氏(サンライズ代表取締役社長)が登壇し、この件につき発表を行いました。

 

この発表の模様が、下記の動画で紹介されています。続報をお楽しみに!

 

● Sunrise_Panel_Gundam_Short_2018AX

 

●『機動戦士ガンダム』
1979年に日本でTV放送が開始され、2019年で40周年を迎えます。この40年の間にさまざまなシリーズを展開し、その人気は世界に広がっています。

 

●サンライズ
サンライズは、バンダイナムコホールディングスのグループ会社で、アニメーションを中心とした映像製作スタジオとして、『機動戦士ガンダム』、『コードギアス』、『ラブライブ!』、『カウボーイビバップ』など人気シリーズを数多く手掛けています。2018年4月からスタートしたバンダイナムコグループ新中期計画では、IPクリエイションユニットの主幹会社となり、アニメーションに限らず、さまざまな形でミッションである既存IPのイノベーションと新規IP創出により一層取り組んでいます。

 

●LEGENDARY
LEGENDARY(米国、カリフォルニア州)は、映画、テレビ、配信、コミックなどさまざまなメディアを有するリーディングカンパニーとして、全世界に向けたコンテンツを制作、保有、発信し続けています。これまで『PACIFIC RIM』シリーズ、『JURASSIC WORLD』シリーズ、『GODZILLA』など数々の世界的大ヒット作品を創出しており、現在は『SKYSCRAPER』、『GODZILLA: KING OF THE MONSTERS』、実写映画『DETECTIVE PIKACHU』など話題作の制作を行っています。なお、これまでのLEGENDARYならびにそのグループ会社制作作品の全世界における映画の累計興行収入は140億ドルを超えています。

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201809_02_geass_ec
  • smp_goraion_rev_ec
  • eye
  • Gframe03_eye2
  • bppz201809_01_imas_ec
  • Ashooters_ec
  • mse_ex08_ec