1位が意外すぎる!「ヤフオク!」2018年上半期急上昇キーワードランキング カルチャー編が発表!『ドラゴンボール』『コナン』『ゆるキャン△』のワードも!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」は、2018年上半期急上昇検索キーワードランキング カルチャー編を公開。10位までのキーワードとその分析について発表しました!

 

このランキングは、「ヤフオク!」において、2017年7月~2017年12月と比較して、2018年1月~2018年6月の間に検索数の上昇率が高いキーワードを抽出し、アニメ・ゲーム・映画などのカルチャー関連分野で集計したもの。1位に輝いたのは、意外なホビー商品でした!
※下記のキーワードをクリックすると「ヤフオク!」の商品検索ページが開きます。

 

▲画像はヤフー ニュースレターより

 

1位「スプリガンレクイエム」(おもちゃ)

人気のベーゴマ状の玩具「ベイブレード」のパーツが1位! 2017年12月28日の発売ですが、「最強」と評価が高くいまでもなおSNS上では「どこにも売っていない」「最強すぎる」などと人気の様子。

 

2位「モンスターハンターワールド」(ゲーム)

カプコンより2018年1月26日に発売されたゲームソフト。『モンスターハンター』シリーズの最新作。PS4のソフトを中心に検索、入札が多かったそう。

 

3位「ヴァイオレットエヴァーガーデン」(ライトノベル、アニメ)

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は日本のライトノベル。2018年1月からTVアニメ化されたほか、2020年には劇場アニメーションも公開予定。Blu-rayディスクや関連グッズが多く取引されたようです。

 

4位「ゆるキャン」「ゆるキャン△」(漫画、アニメ)

アウトドアの魅力を描いた作品。2018年1月にTVアニメ化され、漫画のほか関連グッズが人気。通常のアウトドアグッズに「ゆるキャン」のキーワードをつけて出品する事例も相次いだそう。

 

5位「身勝手の極意 フィギュア」(漫画、おもちゃ)

『ドラゴンボール超』シリーズの孫悟空の最強形態のフィギュアがよく探されていた模様。2018年5月2日よりスタートした「一番くじ」の影響でランクイン。

 

6位「安室透」(漫画、映画)

『名探偵コナン』の登場人物。2018年4月13日に公開された映画『名探偵コナン ゼロの執行人』以降爆発的な人気となりました。「安室透を興行収益100億の男にしたい」と映画を何度も見るファンも続出。SNSでも連日話題に。

 

7位「シンカリオン」(おもちゃ、アニメ)

タカラトミーより発売されたプラレールの玩具シリーズ。2018年1月6日よりTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』が放送されています。おもちゃやパジャマなどの関連グッズに入札が相次いでいるとのこと。

 

8位「キングスマン」(映画)

世界に衝撃と興奮を与えたスパイ・アクション映画。シリーズ最新作が2018年1月5日に日本で劇場公開されました。Blu-rayディスクのほか、登場人物と同じ柄のネクタイ、小物などが多く検索、入札されたそうです。

 

9位「からかい上手の高木さん」(漫画、アニメ)

日本の少年漫画。2018年1月から3月までTVアニメが放映されました。漫画のほかBlu-rayディスク、関連グッズが人気だったよう。

 

10位「ポプテピピック」(漫画、アニメ)

日本の4コマ漫画。TVアニメはTOKYO MXなどで、2018年1月から3月まで放送。主演声優を変えたのみのほぼ同一内容を放送したことなどで大きな話題となりました。時事ネタや風刺ネタもあり、幅広い年代層で人気。関連グッズも多数あります。

 

関連情報

 

関連記事

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery