今秋上映!! 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

origin01

 

イベント上映が行われ、Blu-ray・DVDの発売も発表された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』。ルウム戦役におけるシャアや黒い三連星の活躍、サイド3市街を突き進むガンタンク、そしてキャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)を救うべく奔走するランバ・ラルとハモンなど、見所満載の作品です。そのイベント上映では、第2話となる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア』の予告編も上映されました。第2話は第1話と同様の公開スタイルで、2015年秋のイベント上映を予定しています。現在予告編はスマホアプリ「ガンダムチャンネル」や公式サイトでも公開中。

今回は第2話でのキャスバル(エドワウ)とアルテイシア(セイラ)、そして新登場メカ・モビルワーカーについて紹介します。

 

origin02

 

【『哀しみのアルテイシア』あらすじ】

宇宙世紀0071年、キャスバルとアルテイシアがサイド3、

ムンゾ自治共和国を脱出して3年。

彼らはランバ・ラルの父ジンバ・ラルと共に、

地球の実業家テアボロ・マスの元に身を寄せていた。

エドワウ、セイラという偽名で静かに暮らす兄妹。

だがザビ家の魔の手が再び彼らに迫ろうとしていた。

一方サイド3はジオン自治共和国と国名を変更。

実権を掌握したザビ家は、支配体制を固めながら、

地球連邦軍に対抗するための新兵器モビルワーカーの開発に着手していた。

 

origin03

 

【登場キャラクター】(U.C.0071)

エドワウ・マス

ムンゾ自治共和国建国の父ジオン・ズム・ダイクン、

その遺児キャスバルがたくましく成長した姿。

地球に逃れてテアボロの養子となり、偽名を名乗って暮らしている。

後にジオン軍エースパイロットのシャア・アズナブルとなる人物。
セイラ・マス

キャスバルの妹アルテイシアも共に地球に逃れ、

テアボロの養子として偽名で生活をしている。

飼い猫のルシファと共に平穏に暮らし、心優しい少女に育った。

哀しみの涙を流す人がいなくなることを願っている。

 

origin04

 

【登場メカ】(U.C.0071 サイド3 ジオン自治共和国~ダークコロニー)

MW-01
モビルワーカー初期型

ジオン自治共和国が独立戦争開戦に向けて開発する

人型機動兵器の初期試作実験機。

モビルスーツの原型となる存在だが、偽装の意味もあり作業機械的な外観をしている。

ジオン系モビルスーツの特徴であるモノアイはこの時点ですでに採用されている。

 

 

 

<DATA>
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア

【スタッフ】
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より)

キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、阿久津潤一
脚本:隅沢 克之
演出:原田 奈々
総作画監督:西村 博之
メカニカル総作画監督:鈴木 卓也
美術監督:池田 繁美、丸山 由紀子
軍装装備デザイン:草彅 琢仁
ディスプレイデザイン:佐山 善則
SF考証:鹿野 司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士
編集:吉武 将人
音響監督:藤野 貞義
音響効果:西村 睦弘
音楽:服部 隆之
監督:今西 隆志
総監督:安彦 良和
企画・製作:サンライズ
<関連情報>
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式サイト
http://www.gundam-the-origin.net/
(C)創通・サンライズ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery