『ヘキサギア』や『フレームアームズ』に使用可能な汎用ジョイントの集合体「コンバートボディ」がコトブキヤのM.S.Gシリーズから登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

コトブキヤのモデリングサポートグッズ(M.S.G)に、ヘキサギアやフレームアームズに使用できる汎用ジョイントの集合体「コンバートボディ」が登場です!

 

MB49_convertbody_w

 

“全身を汎用性の高いジョイントで構成”したメカ素体がコンセプトの本アイテム。工業製品のようなデザインのバラエティ豊かなジョイントが多数入っているため、幅広い楽しみ方が可能。フレームアームズやヘキサギア、フレームアームズ・ガールなどで共通化されている3ミリジョイント規格を採用しているので、アイデア次第でさまざまなモチーフのメカを作ることができます。

MB49_convertbody1MB49_convertbody2MB49_convertbody3MB49_convertbody4MB49_convertbody5

 

【「コンバートボディ」の特徴】

  • 腕部、胴部、脚部それぞれに一部差し替えによる伸長ギミックが施され、全高は14センチ(モードA)から18.5センチ(モードB)へと変更することが可能です。
  • 胸部ドラムジョイントは節ごとに可動し、“巻きつけた状態”から展開状態にして使うことが可能。各部は延長や短縮が可能な構造になっているので、複数連結して長くすることもできます。
  • ドラムジョイントは内部ジョイントの角度を変更することで左右に引き延ばすことができるため、ロボットとして使う際には肩幅の延長をしたいときなどに便利です。またドラムジョイント先端のクローパーツはM.S.Gウェポンユニットなどに対応していて、各種ウェポンを持たせることが可能です。
  • 前腕部にはスライドギミックが施されているほか、手首パーツを取り外した状態がキャノン砲に見えるようにデザインされており、肘部のブレードは可動します。
  • 手首パーツはフレームアームズと同じパーツを使用しているため、M.S.Gウェポンユニットなど幅広いパーツによるカスタマイズが可能です。
  • パーツの一部にはヘキサグラムシステムに対応したヘキサ穴が施されていて、別売りのヘキサギアやM.S.Gギガンティックアームズなどのパーツを取り付けることができます。
  • 脚部パーツは細かく分解することができ、各部は可動やスライドギミックが施されています。また足首パーツは“つま先”と“かかと”を可動させることで高さの異なる足首パーツとなります。

MB49_convertbody6MB49_convertbody7MB49_convertbody8MB49_convertbody9MB49_convertbody10MB49_convertbody11MB49_convertbody12MB49_convertbody13MB49_convertbody14MB49_convertbody15MB49_convertbody16MB49_convertbody17MB49_convertbody18MB49_convertbody19MB49_convertbody20MB49_convertbody21MB49_convertbody22

 

DATA

コンバートボディ

  • プラモデル
  • ノンスケール
  • 全高:約14センチ(モードA)~約18.5センチ(モードB)
  • 設計:丸家 裕之介
  • 発売元:コトブキヤ
  • 価格:2,800円(税抜)
  • 2018年12月発売予定

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) KOTOBUKIYA


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 時雨_eye
  • 20180807sugumikouhen01catch
  • 20180807sugumizenpen01catch
  • bp_201808_01_imascg_ec
  • bp_201808_04_deadpool_ec
  • bp_201808_03_geassp_ec
  • wf2018s_nendoroid_fgo_main
  • rev_wf2018s_figma-hero_main
  • rev_wf2018s_figmafgo_main