【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】ヨーンたちの戦いもついに終結。今回は、ヨーンが駆ったガンダム[グリンブルスティ]の戦いをプレイバック!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年7月27日発売の『月刊コミック電撃大王』に掲載の『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス』最終話はもうご覧になりましたか? 戦いを終えたヨーンとアイリスは、無事デルフォイ隊の仲間たちと再会できたのか……まだ読んでいない方は要チェックですよ。

 

最終話までを収録した電撃コミックスNEXT『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス』第3巻は2018年9月27日発売ですので、そちらもお楽しみに!!

 

 

ガンダム[グリンブルスティ]の戦い

さてコミック連載の完結を記念して、今回の記事ではガンダム[グリンブルスティ]が辿ってきた戦いの軌跡を振り返ってみたいと思います。

 

小惑星基地“ダモクレス”の襲撃事件から始まったネオ・ジオン残党との戦いにおいて、ガンダム[グリンブルスティ]はデルフォイ隊の中核として、さまざまな強敵とぶつかることになりました。

ph01

 

ph02着任時はガンダムに乗れることに浮かれ、アイリスを呆れされていたヨーン。彼もまた、戦いを通じて自身が戦う本当の意味を見つけていきます。

 

●vsシュツルム・ディアス

ガンダム[グリンブルスティ]の初陣にあたりますが、当初は本体の調整が終わっておらずヨーンはやむなくコア・ピグレットで出撃します。なんとか調整が完了したガンダム[グリンブルスティ]をヨーンに届けるべく、クリスティアン艦長はデルフォイから機体の射出を指示。ぶつけ本番ながらヨーンはドッキングを成功させ、シュツルム・ディアスと対峙するのでした。

 

“アクシズの騎士”を称するアルノーのシュツルム・ディアスは手ごわく、暗礁宙域で激戦を繰り広げるも、敵が撤退したため決着はつきませんでした。

ph03暗礁宙域での戦闘に慣れたシュツルム・ディアスに翻弄されるヨーン。しかし、敵に臆することなく攻撃を行います。

 

ph04不意打ちの一撃をも受け止めるその反応速度は、敵パイロットも感嘆するほどでした。

 

●vsガンダム[ケストレル]

ヨーンが機体に慣れるために実施したシミュレーション――その相手はなんとガンダム[グリンブルスティ]の兄弟機であるガンダム[ケストレル]でした。マニューバ・エクステリアをはじめ搭載された機能を駆使するガンダム[ケストレル]に終始圧倒されるヨーンは、勝利することなくシミュレーションを終える結果となりました。

ph05ヨーンの機体にはガンダム[ケストレル]のモーションデータが反映されていますが、それでもヨーンは防戦一方でした。

 

ph06両機ともに「シャーマン・フレーム」を搭載しているものの、ヨーンはまだその性能を十分に活かせていませんでした。

 

●vsリゲルグ

ダモクレス奪還に向かったヨーンたちの前に姿を現したリゲルグ。それを操るのは“アクシズの騎士”オーラフ・デールでした。歴戦の戦士たるオーラフはダミーバルーンや隕石の破片などを駆使してヨーンを追い詰め、ガンダム[グリンブルスティ]は左腕を失ってしまいます。苦境に立たされたヨーンでしたが、アイリスのサポートもあって辛くも勝利をつかみ取ります。

ph07機体の性能では勝っていても、環境を利用した戦法は相手の方が上手でした。左腕を犠牲にして敵の攻撃を防ぎますが……。

 

ph08アイリスのジムIII・Dが盾となり、ヨーンに千載一遇のチャンスが!

 

●vsハンマ・ハンマ

「審判のメイス」阻止作戦終盤、最後にして最大の障壁としてヨーンの前に立ちはだかったのはハンスのハンマ・ハンマでした。サイコミュによるオールレンジ攻撃に苦戦を強いられるヨーンは次々に被弾し、武器も残りわずかにまで追い詰められます。それでも最後まで諦めることなく戦い続けたヨーンは、一筋の光明を見出すのですが……?

ph09死角から繰り出されるオールレンジ攻撃を回避するのは、ガンダムといえど至難の業。

 

ph10身を削りながらも戦い続けた果てにあるものは――?

 

 

番外編

ガンダム[グリンブルスティ]に搭乗する前も、ヨーンはパイロットとしてさまざまな戦いを経験していました。ここではデルフォイ隊着任直後、そしてそれ以前のグリプス戦役中のヨーンの戦いを見ていきます。

 

●vsパチモンガンダム・チーム

デルフォイ隊着任直後、物資運搬シャトルの救助任務を受けたヨーンは、ザクやジム、バーザムをZガンダムや百式、ガンダムMk-IIに偽装し、海賊行為を行う「パチモンガンダム・チーム」と接敵します。このときヨーンは調整中のガンダム[グリンブルスティ]の代わりにジムIII・Dに搭乗しての出撃でしたが、瞬く間に2機の敵MSを撃墜。残る1機は遅れて到着したエスターが撃破し、無事任務を成功させました。

ph11パイロットの技量でも、MSの性能でも差は明白でした。

 

●vsザク・キャノン

グリプス戦役中、キリマンジャロ攻略戦に参加したヨーンは、基地を防衛するザク・キャノンと交戦します。このときすでにヨーンの乗るワグテイルIIexはダメージを負っていましたが、彼の得意とするトリッキーな動きで敵を翻弄。格闘戦に持ち込んだものの、不意に出現したサイコ・ガンダムの無差別攻撃で、両機ともに行動不能となってしまうのでした。なお、この戦いこそがヨーンとアイリスの初めての出会いだったのです。

ph12強引な軌道変更でザク・キャノンの射撃を回避するヨーンのワグテイルIIex。

 

地球連邦軍から満足な増援も受けられない状況で、デルフォイ隊の戦力の中核をなしたヨーンとガンダム[グリンブルスティ]。着任当初は機体の性能に驚いていたヨーンも、徐々にそれを使いこなすまでに成長していきました。

 

その成長の軌跡が収録されたコミックスは1、2巻が好評発売中です。今回の記事で興味を持った方は、ぜひそちらも手に取ってみてください。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201809_02_geass_ec
  • smp_goraion_rev_ec
  • eye
  • Gframe03_eye2
  • bppz201809_01_imas_ec
  • Ashooters_ec
  • mse_ex08_ec