ディーゼル機関車 DD51 北斗星が、1/45 OJスケールで登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

「北斗星」を牽引したDD51が、アオシマより1/45 OJスケールの鉄道プラモデルで登場します!

 

01000

 

第一弾は「北斗星」牽引機。DD51の構造全てを精密再現し、立体資料としても楽しめます。

 

機関室や運転台の内部や裏側を徹底再現し、360度どこから見ても実機通りの完成度。

内部は完成後もはめ込み部や可動部を開けることが可能で、台車の機動や軸箱の上下、ブレーキ・連結器の締緩など、実機同様のギミックまで再現。

旋回窓やSG搭載の重厚な寒冷地仕様と、軽快な暖地仕様の選択が可能で、旧型機の部品も同梱。

機関は吸排気から変速機まで完全再現で、エンジンは完成後も取り外して展示台搭載が可能です。

LED(別売)にて、前照灯・尾灯・計器板・時刻表差しを点灯させることができ、電池ボックスも付いています。

機関士人形は夏服・冬服のポーズ違い2種を同梱し、帽子3種、カバン付き。

展示台の表はフラットな道床で、裏は整備用ピットの二通りにリバーシブル。

 

ファンの期待に応える、新しいプラモデルがいよいよ初夏に登場です!

 

01

1/45スケール、全長40センチ。

 

02

手前は比較用、1/43スケールの自動車模型。

 

03

市販のレール(24ミリ幅)に乗るファインスケール

 

04

PC道床型の台座が付属。橙火改造可能。

 

05

リバーシブルの台座。裏面はピット型。

 

06

運転士フィギュア2体付属。窓は可動で、開閉式。

 

09

ボンネットは取り外し式。

 

10

実写と同じ分割ライン。

 

11

エンジンと流体変速機。

 

12

全検と同じような分解が楽しめます。

 

13

エアタンク側~ラジエーター側。

 

14

冷却ファンのカバーは未取り付け。

 

15

実写の重量感を得られる圧巻のサイズ。

 

16

側面ドアは可動、開閉式。

 

17

タブが彫り込んであり、カチッと閉じます。

 

18

運転台も橙火類の実装改造が可能な設計。

 

19

運転室内部も緻密な再現。

 

20

暖地型特有の広々とした室内。運転席の計器類も彫刻されています。

 

22

寒地型はSGを搭載。

 

23

ボンネット前面も取り外し可能。

 

24

内部も精密に作り込んであります。

 

25

鉄道模型ならではの複雑な車輪群。

 

26

スノープロウも選択式で装着。

 

27

両端の台車裏面。

 

28

プロペラシャフトやブレーキラインが見えます。

 

29

ユニバーサルジョイントも再現。

 

30

DD51が備える特徴的な中間台車。

 

31

砂箱の造型と、パイプラインの彫刻。

 

32

台車は全て取り外しが可能。

 

36

素組み+シルバー+ウォッシング塗装例

 

このアイテムは、単に複雑に部品を割ることを避け、組立易さと形状表現の両立を目指しています。
自宅に本格的なミュージアムモデルを。組み立てながら仕組みを学べる教材ともなるプラモデルです。

 

<DATA>

No.01 ディーゼル機関車 DD51 北斗星

■1/45 OJスケール

■全長:約40センチ

■仕様:使用部品点数 約600超。専用ナンバープレート、エッチング付属

■価格:14,800円(税抜)

■発売日:7月発売予定

■発売元:青島文化教材社

※写真は開発中の物であり、実際の商品とは異なります。

 

<関連情報>

青島文化教材社 公式サイト

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery