串田アキラ熱唱! 『宇宙刑事ライブ』アフターレポート!!

更新日:2015年4月22日 18:03
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

■取材・文/浅井 渚

 

去る4月12日、渋谷WWWにて『宇宙刑事ギャバン』、『宇宙刑事シャリバン』、『宇宙刑事シャイダー』の主題歌全てと、多くの挿入歌を歌った串田アキラさんによる単独ライブ『宇宙刑事ライブ』が開催されました。この日演奏されたのは、宇宙刑事シリーズで使用された楽曲のみ! 豪華ゲストも登場し、ライブ開始前から早くも会場は熱気に包まれていました。

01

 

80年代ディスコ・ミュージックテイストの「電光石火ギャバン-DISCO GAVAN-」でバンドメンバーが入場、ライブが幕を開けた。

 

02

 

1982年に放送された『宇宙刑事ギャバン』と、それに続く『宇宙刑事シャリバン』、『宇宙刑事シャイダー』の、『宇宙刑事シリーズ』と呼ばれる3作品に使用された主題歌と挿入歌に限定したライブ。これまでにも、いろいろなライブで宇宙刑事の主題歌やエンディングテーマが歌われることは多かったが、挿入歌を多く演奏するのは今回が初。串田さんも、「歌うのはレコーディングした時以来」という曲もあったそうで、このライブをとても楽しみにしていたとのこと。

 

03

 

一人目のスペシャルゲストは、『宇宙刑事ギャバン』で主人公の宇宙刑事ギャバン・一条寺烈を演じた大葉健二さんが登場! 撮影時の裏話や共演者とのエピソードなど、ファンの質問にも快く答えていたのが印象的でした。そして、究極のファンサービス! ファンの目の前で、宇宙刑事ギャバンへの変身ポーズを披露!

 

04

蒸着!

 

05

 

06

 

大葉さんは、自身で歌った挿入歌「父よ」と、「青い地球は母の星」(原曲の歌唱はハーリー木村さん)も熱唄! 思わぬサプライズに、ファンからも大喝采が!!

 

07

心を込めて、2曲の挿入歌を披露する大葉さん。

 

続いてのスペシャルゲストは、今回演奏された主題歌や挿入歌以外にも、宇宙刑事シリーズの楽曲を数多く手がけた作曲家の渡辺宙明先生。「作曲する時、足りないと思った部分には自分で歌詞を足したことも多かった」など、作曲当時の裏話などを語った。

 

08

笑顔で当時を振り返る渡辺宙明先生(左)と串田アキラさん。

 

ライブの締めくくりとなるシリーズ3作の主題歌の後、アンコールは2014年にVシネマ作品として甦った『宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION』と『宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION』の主題歌である「宇宙刑事 NEXT GENERATION」! 宇宙刑事シリーズの未来に期待を馳せながらライブは終了。退場時には串田さんとのハイタッチ会が行われ、ファン大歓喜の一日となりました。

10

≪宇宙刑事ライブ セットリスト≫

1.チェイス!ギャバン
2.スーパーヒーローぼくらのギャバン
3.スパーク!シャリバン
4.Yeh!シャリバン
5.正義のハンター
6.焼結せよ!シャイダー
7.走れ!ギャバン
8.蒸着せよ!ギャバン
9.SON OF SUN~太陽の息子~
10.超次元戦斗母艦グランドバース
11.バビロス号の歌
12.青いイナズマ
13.青い地球は母の星(歌:大葉健二)
14.父よ(歌:大葉健二)
15.星空のメッセージ
16.強さは愛だ
17.ハロー!シャイダー
18.宇宙刑事ギャバン
19.宇宙刑事シャリバン
20.宇宙刑事シャイダー
アンコール
21.宇宙刑事 NEXT GENERATION

 

(C)東映

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery