『仮面ライダージオウ』約3倍の塗装工程で仕上げたソフビ人形がTTFC完全限定販売!数量限定・予約申込み先着順で受注開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『仮面ライダージオウ』のソフビ人形を展開中の「ライダーヒーローシリーズ」より、東映特撮ファンクラブ完全限定アイテムが登場! 細部まで妥協なく塗装を施した「ライダーヒーローシリーズ 仮面ライダージオウ TTFC LIMITED 重塗装Ver.」が、数量限定・予約申込み先着順で2018年12月5日(水)12:00より受注開始です!

 

 

東映の特撮作品が楽しめるアプリ「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」にて、会員のみがゲットできる限定販売商品に「TTFC LIMITED 重塗装Ver.」が登場。なんと、一般販売されている「ライダーヒーローシリーズ01 仮面ライダージオウ」の約3倍に渡る塗装工程が組まれているといいます。それでは、その詳細をチェックしていきましょう!

 

写真上が「TTFC LIMITED 重塗装Ver.」、写真下が一般販売の「ライダーヒーローシリーズ01 仮面ライダージオウ」。パッと見るだけでも、オミットされていた細部への着色が施され、より劇中スーツに近い印象となっているのが分かります。

 

ジオウのマスク「キャリバーA」は、斜めから見るとその違いがより分かりやすくなっています。輪郭を縁取っている外周部「クラッシュベゼル」と、左こめかみあたりに位置する情報統括ユニット「コアリューズ」にも省略されていた塗装が施され、アップでも見応え十分な仕上がりです。

●TTFC LIMITED 重塗装Ver.

 

●ライダーヒーローシリーズ01 仮面ライダージオウ

 

腕時計のバンドを模した背面の「ミッドバンドライナーM」も、メタリックな質感が伝わる仕上がりに。特徴的なジオウの後ろ姿をより忠実に再現しています。

 

 

「ライドウォッチホルダー」やその周辺にもしっかりと塗装が加えられたのは、本アイテムにおける大きな特徴のうちのひとつ。アクションシーンの要とも言える腕周りの見ごたえがアップしたことで、アイテムとしての満足感も十分なものとなっています。

 

変身ベルト「ジクウドライバー」は、「ザイトウインドー」をディテールアップ。液晶部分を黒く塗り、2018の西暦表示も追加。遠目からでも目立つ、緑のワンポイントにも注目です。ベルトの帯や、ボディの差し色であるメタリックピンクが追加されている点が嬉しいですね。

 

指先やつま先などにもしっかりと着色された「TTFC LIMITED 重塗装Ver.」は税込・送料別価格で2,000円。東映特撮ファンクラブの完全限定品かつ、数量限定・予約申込み先着順での販売となるので、ご予約はお早めに!

018b

 

DATA

ライダーヒーローシリーズ 仮面ライダージオウ TTFC LIMITED 重塗装Ver.

  • 素材:PVC
  • サイズ:H約170ミリ×W約90ミリ
  • 販売方法:東映特撮ファンクラブ会員限定、数量限定、予約販売
  • 受注期間:2018年12月5日(水)12:00~2019年2月12日(火)23:59
  • 価格:2,000円(税込/送料別)
  • 商品お届け:2019年3月下旬以降順次発送予定

※予定数に達した場合、販売終了となります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)2018石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery