『仮面ライダージオウ』『ドラゴンボール超 ブロリー』のキャラがルービックキューブ化!?『機動戦士ガンダム』『ゲゲゲの鬼太郎』のアイテムも展開中

メガハウスより、ルービックキューブとキャラクターを掛け合わせた立体パズルシリーズ「Charaction CUBE(キャラクションキューブ)」の第2弾が日本およびアジア一部地域にて発売中です。

 

109207_c-cmchmchm

 

全高約85ミリの本体は7つの分割パーツで構成され、ルービックキューブならではの立体パズルとしての楽しさはそのままに、統一の素体のフォーマットにより、コレクションアイテムとしても楽しめます。

sub5

 

sub602

▲パーツ回転イメージ

 

<第2弾ラインナップ>

●劇場版ドラゴンボール超 スーパーサイヤ人 孫悟空

sub11 sub10

 

●劇場版ドラゴンボール超 スーパーサイヤ人 ブロリー(フルパワー)

sub8 sub9

 

●仮面ライダージオウ

sub13 sub12

 

●リラックマ

sub15 sub1

 

●コリラックマ

sub16 sub17

 

●シナモロール

sub18 sub19

 

コロッとした印象的な素体は、谷口亮氏のデザイン。第2弾以降もシリーズ続々登場予定とのことです。

 

sub4

 

▲第1弾、第2弾ラインアップ集合

▲第1弾、第2弾ラインナップ集合

 

DATA

Charaction CUBE 劇場版ドラゴンボール超 スーパーサイヤ人 孫悟空
Charaction CUBE 劇場版ドラゴンボール超 スーパーサイヤ人 ブロリー(フルパワー)
Charaction CUBE 仮面ライダージオウ
Charaction CUBE リラックマ
Charaction CUBE コリラックマ
Charaction CUBE シナモロール

  • 第2弾ラインナップ:全6種類
  • 本体サイズ:全高約85ミリ
  • 発売元:メガハウス
  • 価格:各1,680円(税別)
  • 発売中

 

●「Charaction CUBE」とは

日本国内でルービックキューブシリーズの販売を行うメガハウスが企画・開発を手掛けた、コロッとした大きな頭部が特長的な素体に、国内外で人気のIP(キャラクターなどの知的財産)を掛け合わせた立体パズルです。日本発のルービックシリーズとして、アジアを皮切りに世界に向けて販売されています。

sub7

sub2 sub3

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション  (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会  (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)創通・サンライズ  (C) 1976, 2001, 2013, 2019 SANRIO CO., LTD. (C)2019 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.  (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション  (C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 Rubik‘ s(R) Used under licence Rubiks Brand Ltd. All rights reserved. (C)1974 Rubik’s(R) Used under licence Rubiks Brand Ltd. All rights reserved.

上に戻る