時価50万円相当!純金製のハッピーターン&ハッピーパウダーが当たるRTキャンペーンが実施中!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

亀田製菓は、2019年5月29日(水)まで、ハッピーターン公式Twitterにてフォロー&リツイートキャンペーンを開催中!

 

 

 

“金のハッピーターン” プレゼントキャンペーン

ハッシュタグ「#日本で最もハッピーがツイているのは誰だ」をつけて、キャンペーン対象ツイートをリツイートした参加者の中から“最もツイている”1名に、ハッピーターンの形状と、あのハッピーパウダーを“純金”で再現した、時価50万円相当(製作時時価)の「金のハッピーターン」がプレゼントされます。

 

 

鍛金師の巨匠・平澤正英氏が匠の技でハッピーターンを再現!

今回、“日本で最もハッピーがツイている1名様”にお届けされる「金のハッピーターン」を手掛けたのは、大相撲本場所NHK杯の金杯や、上野観光連盟と有名百貨店企画の“純金製のパンダのシャンシャン像”も手掛けた純金造形の第一人者、最高の鍛金師とも呼ぶべき平澤正英氏。

※鍛金とは、金鎚(かなづち、ハンマー)を使い、金属を叩いて加工する技法のこと。

 

「ハッピーターン」の名前にちなんで、“ハッピーな気持ち”をお届けするために、金を掘り出すかのような喜びを!」というキャンペーンコンセプトのもと、「ハッピーターン」を頬張る瞬間と同様の高揚感を表現すべく辿り着いた、“金のハッピーターン”計画。

 

亀田製菓は、極上の「ハッピー」をお届けするには、その再現性・輝きも一流でなくてはという考えから、断られる覚悟で鍛金の第一人者・平澤正英氏に“金のハッピーターン”製作をオファー。「誰もが知っているハッピーターンならば」と首を縦に振っていたけたそうです。

▲1枚の金板を匠の技で叩くことで「ハッピーターン」に。

 

 

▲「ハッピーターン」実物を忠実に再現。

 

▲もちろんあのハッピーパウダーも。

 

DATA

金のハッピーターン

  • 素材:金
  • サイズ:約70×25×10ミリ
  • 重さ:約100グラム
  • 加工:手打ち加工(表面の凹凸なども手作業鍛金で表現)
  • 製作者:鍛金師・平澤正英氏

 

ハッピーパウダー

  • 金粉
  • 重さ:0.04グラム

※オリジナル桐箱入り。

 

“金のハッピーターン”プレゼントキャンペーン

  • 応募方法:パソコン、スマートフォンから、ハッピーターン公式 Twitter アカウント(@happyturnkameda)をフォローし、 キャンペーン対象の「#日本で最もハッピーがツイているのは誰だ」がついたツイートをリツイートし、ご応募ください。
  • 賞品:「金のハッピーターン」
  • 当選人数:1名
  • 応募期間:2019年5月13日(月)10時~2019年5月29日(水)23時59分
  • 抽選・発表方法:厳正なる抽選のうえ、当選された方のTwitterのDMにメッセージが送られます。
  • ユーザー問い合わせ先:「ハッピーゴールドラッシュ キャンペーン」事務局
    0120-910-668(フリーダイヤル)
    2019年8月30日(金)まで受付(10時~17時 土・日・祝日を除く)

※2019年5月13日(月)10時にキャンペーン対象投稿がツイートされ、キャンペーン終了日時まで、ハッピーターン公式Twitterアカウントページのトップに表示されます。
※キャンペーンへの参加は、期間中1人1回のみ可能です。

 

<鍛金師・平澤正英氏 略歴>

  • 昭和32年 初代正英(故 平澤兵吉)に師事
  • 昭和36年 茶道裏千家入門(現在教授) 華道美生古流入門(現在師範)
  • 昭和45年 二代目 正英を継承
  • 昭和48年 白銀師 泉辰治氏に刀装の指導を受ける
  • 昭和56年 日本貴金属宝飾品全国統一 創作品コンクール 入賞
  • 平成5年 大相撲 本場所 NHK 杯 金杯を製作
  • 現在 東京金銀器工業協同組合所属

 

関連情報

 

関連記事

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery