ガンダムとシャアザクのガンプラが宇宙へ!東京2020参画プログラムの「ONE TEAM PROJECT」の一環として

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が推進している東京2020参画プログラムの「ONE TEAM PROJECT」に参加中。「宇宙から東京2020エール!」企画第2弾として「G-SATELLITE (ジーサテライト)宇宙へ」が始まります。

 

JAXAは東京大学と協力して、東京2020大会への応援メッセージを宇宙から地球に向けて発信。「G-SATELLITE 宇宙へ」において、東京大学は『機動戦士ガンダム』のガンダムおよびシャアザクのガンプラを搭載した超小型衛星「G-SATELLITE」を開発するとのこと。

 

「G-SATELLITE」は、2020年3月~4月頃(予定)に国際宇宙ステーション(ISS)きぼう日本実験棟から宇宙空間へ放出され、東京2020大会の期間前から期間中に、地球周回中の「G-SATELLITE」から応援メッセージが発信される予定です。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)Tokyo2020 (C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery