『A.O.Z Re-Boot』更新!ガンダムTR-6「ハイゼンスレイII」特集、第2弾!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

前回は、ついに明らかとなった[ハイゼンスレイII]の決定稿をもとに設定を紐解きました。そして、今回は[ハイゼンスレイII]の特徴のひとつである「分離合体機構」について、各形態の機構なども併せて紹介していきます。

 

「Z計画」機の対抗兵器である[ハイゼンスレイII]には、分離合体機構が採用されています。MS形態を中心に、上半身であるGトップ・ファイターと下半身のGボトム・ファイターに分離が可能で、それぞれに高度な性能を有している点も特徴です。この合体分離機構は、ドラムフレームが中核となっています。

 

■Gトップ・ファイター

分離した上半身が変形したMA形態。高速戦闘機的な能力を有しており、メガ粒子砲をはじめ、換装システムによって様々な兵器を装備することができます。

■Gボトム・ファイター

下半身が変形したMA形態で、脚部をクロー・アームとして運用することも可能。スプレッドビームやビーム・サーベルを装備するほか、テールスラスターをAMBAC肢として使用することで、高い機動性と運動性を発揮します。

 

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

ファン待望のコミックス第Ⅱ巻は好評発売中!! ついに発動した「輝ける星」作戦。ジオンマーズ、ティターンズ残党連合軍とレジオンの間で戦いの火蓋が切って落とされます。そして、ガンダムTR-1[ヘイズル]の設定を解説する「ENCYCLOPEDIA OF TR-1」など、設定パートも充実の内容でお送りします!!

 

>>「A.O.Z RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ ‐くろうさぎのみた夢‐ II」Amazonページ

 

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery