1964年版「キングギドラ」の1/1着ぐるみサイズレプリカヘッドが登場!映画で造形に携わった村瀬継蔵氏が原型&フィニッシングを担当!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

「1964年版キングギドラ 着ぐるみサイズレプリカヘッド」がツエニーとM1号より登場! 完全受注生産商品として2019年6月30日(日)より予約受付開始です。

 

本アイテムは、1964年に公開された東宝映画作品『三大怪獣 地球最大の決戦』に登場した宇宙怪獣「キングギドラ」を頭部を着ぐるみサイズで再現したもの。

 

原型は、1964年当時映画のスタッフとしてキングギドラ造形に携わっていた村瀬継蔵氏がを担当。実際の着ぐるみを知る数少ない人物によって完全再現されたキングギドラとなります!

 

すべての製品は村瀬継蔵氏が直接フィニッシング作業を行うほか、村瀬氏のサインが入った「金属風プレート付き豪華木製台座」が付属します。

 

 

職人の技術を堪能できる、怪獣映画ファンには見逃せない超貴重なアイテムをぜひお見逃しなく!

 

DATA

1964年版キングギドラ 着ぐるみサイズレプリカヘッド(豪華木製台座付)

  • 1/1スケール(着ぐるみ)
  • サイズ:ギドラ本体 約470×320×160ミリ/台座 約500×180×70ミリ
  • 材質:【本体】FRP、ボア(実際の映画と同様の素材を使用)、【台座】木材、ビニールレザーコーティング、メッキ加工プレート
  • 原型:村瀬継蔵
  • 製造数:完全受注生産(一定の発注数に到達した時点で締め切りとなります)
  • メーカー:ツエニー、M1号
  • 価格:231,296円(税別)
  • 受付開始日:2019年6月30日(日)
  • 2019年8月30日(金)発送開始予定(受付順)
  • 購入方法:ツエニーECサイトで受付(銀行振込、クレジットカード、PayPal支払い対応)

 

●ツエニーについて
特撮映画の黎明期から怪獣スーツのさまざまな技法を生み出してきた村瀬継蔵氏が代表を務める造形会社。80歳を超えた村瀬氏は、今なお現役の職人として、演劇舞台やテーマパークを中心に最新技術を用いた造形物を生み出し続けています。

 

関連情報

 

関連記事

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery