『シドニアの騎士』より「継衛改二」がキット化! 彩色見本をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

講談社「アフタヌーン」で好評連載中のコミック『シドニアの騎士』から、谷風長道が駆った衛人「一七式衛人 継衛改二」のキットがコトブキヤより発売となります。

 

▲

 

TVアニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』にも登場・活躍している「継衛改二」ですが、コトブキヤがキット化したのは「原作コミック版」となります(このあたりの事情は以前掲載したコトブキヤ開発者インタビューをご覧ください)。

 

ka_sido_20150617_001

 

ka_sido_20150617_002

 

キットは、原作者である弐瓶 勉氏による徹底した監修を経て、そのシャープなイメージと、その攻撃的なスタイルを再現。ハンドパーツなど一部は以前同社が発売した「一七式衛人 白月改 継衛」からの流用となっていますが、それ以外はほぼ全てのパーツが新規造形となっています。足首を始めとした関節構造にもかなり手が入っており、よりポージングの際の安定性が増しています。

 

▲ヘイグス粒子砲発射状態もこの通り。首の関節も引き出し式なので、これだけ大きく「上を向く」ことが可能。

▲頭部ヘイグス粒子砲発射状態。首の関節も引き出し式で大きく「上を向く」ことができます。

 

ka_sido_20150617_004

▲背部ブースターも差し替えなしでこのように展開。

 

また、外装は弐瓶氏のアイデアで、ツヤのあるホワイトで成形されるとのことで、組み立てるだけで設定に近い仕上がりが楽しめるなど、気軽に楽しめるアイデアが満載となっています。

 

武装は、新デザインとなった「超高速弾体加速装置」を始め、作中でも活躍した高速連射砲や鋭針炸裂弾、腕部装甲内に収納された人工カビ刃が付属します。

 

ka_sido_20150617_003

▲新デザインとなる「超高速弾体加速装置」。

 

ka_sido_20150617_008

▲肩部にマウントされたブレードは取り外して、手に装備させることもできます。

 

ka_sido_20150617_011

▲腕部装甲内のブレードは、装甲パーツごと差し替えて展開状態を再現しています。

 

ka_sido_20150617_009

▲「鋭針炸裂弾」。

 

ka_sido_20150617_010

▲「高速連射砲」。

 

そんな中、おそらく本アイテムの最大の目玉は、弐瓶氏デザインの「東亜重工製二式複合人工カビ刀」でしょう。

 

ka_sido_20150617_006

▲「東亜重工製二式複合人工カビ刀」。プラモデルオリジナルの武装となります。専用のジョイントパーツを使用することで、前腕に鞘をマウントすることができます。

 

監修時の、弐瓶氏とコトブキヤの原型担当の方の間での雑談から生まれたという本武装。もちろん、プラモデル「継衛改二」のオリジナルの武装となっています。

 

ka_sido_20150617_012

▲豊富なオプションパーツ類が付属し、ボリュームたっぷりの内容となっています。

 

そんな、アニメ版ともまた一味ちがう、そんな原作コミック版「継衛改二」が楽しめる本キットは2016年1月発売予定となっています。

 

 

 

<DATA>

一七式衛人 継衛改二

■1/100スケールプラスチックモデル

■全高:約200ミリ

■2016年1月発売予定

■価格:7,800円(税抜)

■原型製作:桑村祐一

■発売元:コトブキヤ

 

 

<関連情報>
コトブキヤ公式サイト
http://www.kotobukiya.co.jp/

アニメ『シドニアの騎士』公式サイト
http://www.knightsofsidonia.com

 

(C)弐瓶勉/講談社

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery