楽しく学べるプラレール展が夏休みに鉄道博物館で開催!60周年記念「レッドフライナー」&大型ジオラマの特別展示やおもちゃで遊べるコーナーも!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

埼玉県さいたま市の「鉄道博物館」本館2Fスペシャルギャラリー1にて、プラレール60周年記念展「プラレール博物館 ~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~」が2019年7月19日(金)~2019年9月1日(日)までの期間開催!

 

 

鉄道博物館の協力のもと実施される本記念展では、プラレール60年の歴史、「レッドフライナー」や大型プラレールジオラマなどの特別展示を実施! 親子3代で楽しく学べる内容になっています。

 

 

展示内容の一例を紹介!

●プラレールの歴史

昭和・平成・令和にわたるプラレールの60年の歴史を、本物の鉄道に関する展示も交えつつ、鉄道博物館の学芸員やプラレール担当者の解説付きで展示! プラレールの原型の「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)をはじめとする約40点以上が展示されます。

▲「プラスチック汽車・レールセット」

 

●プラレール大カタログ

現在発売中のプラレールアイテム約100点以上を、実物で見ることができる「巨大カタログ」として一斉に展示。展示されているプラレールの一部商品は鉄道博物館本館1F・キッズプラザ内の「プラレールゾーン」で実際に手に取って遊ぶことができます。

 

●「プラレール鉄道」未来の駅舎ジオラマ

タカラトミーのプラレールチームが思い描く“未来の駅舎”を、プラレールオリジナルの架空の鉄道会社「プラレール鉄道」の駅としてジオラマで再現!

▲「プラレール鉄道」未来の駅舎ジオラマ(イメージ)

 

●プラレールオリジナル車両「レッドフライナー」ができるまで

2019年7月11日(木)発売予定のプラレール60周年記念商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」に含まれるオリジナル車両「レッドフライナー」のできるまでの過程が展示。仕様決定前につくられた4段階の試作品が、このイベントでのみ特別に展示されます。

▲「レッドフライナー」のスケッチ

 

▲「レッドフライナー」の試作品

 

●鉄道博物館×プラレール コラボ展示

「E5系新幹線はやぶさ」と「E235系山手線」の2つの車両に焦点を当てて、鉄道博物館に収蔵されている貴重な資料と、プラレールの開発資料が並べて展示されます。

 

<E5系新幹線はやぶさ>

「ファステック 360S」から現在発売中の「E5系新幹線はやぶさ」にいたるまでのプラレールの変遷を楽しめます。

▲プラレール「ファステック 360S」

 

<E235系山手線>

プラレールができるまでの詳細な製造工程を学びながら、山手線にまつわる鉄道博物館でしか見られない展示が行われます。

 

さらに開催期間中には、本館1Fエントランス付近に「E5系新幹線はやぶさ」の形を“青いレール”で再現した幅約3,600ミリの大型のプラレールジオラマ「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」が初展示されます!

▲「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」(イメージ)

 

DATA

プラレール博物館 ~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~

  • 開催期間:2019年7月19日(金)~9月1日(日)
  • 開催場所:埼玉県さいたま市 鉄道博物館 本館2F スペシャルギャラリー1
  • 入場料:無料

※鉄道博物館の入館料のみでご覧できます。

 

関連情報

 

関連記事

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery