ハッピーセットの遊ばなくなったおもちゃをマクドナルドに持っていくと?全国の店舗でリサイクル企画が7月12日から再実施!夏休みに参加してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

全国のマクドナルド店舗にて、「おもちゃリサイクルプロジェクト」の2019年第2回目が、2019年7月12日(金)から9月5日(木)まで実施! 遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃの回収・リサイクルが行われます。

 

 

 

約127万個のおもちゃが回収されトレイの一部に!

本プロジェクトは、年間約1億食のハッピーセットを販売しているマクドナルドが持続可能な社会の実現に貢献する“Scale for Good”の活動として実施されるもの。初年度となる2018年は約127万個のおもちゃが回収され、約10万枚のリサイクルトレイの一部として活用されました。

※リサイクルトレイは、おもちゃリサイクルプロジェクトで回収されたおもちゃからできたリサイクル樹脂を10%程度含みます。

 

プラスチックのおもちゃを対象にしたリサイクルの取り組みとしては国内最大規模とのこと。遊ばなくなったおもちゃのリサイクルを通して、子どもたちの「ものを大切にする心」や「環境問題への意識」を高めることを目的としています。

 

 

リサイクルを学べる絵本を配布!

学校の夏休みを含む今回の回収期間、おもちゃ回収BOXには『ミドリちゃんとほしくん』という絵本が設置され自由に持ち帰ることができます。この絵本は、遊ばなくなったおもちゃをマクドナルドに持っていくとどうなるのか、また、リサイクルとは何かを子どもたちにわかりやすく伝えたいという要望に応えるために制作されたものです。

※絵本『ミドリちゃんとほしくん』の数には限りがあります。

 

なお2019年第3回目は、冬休み期間となる2019年12月6日(金)から2020年1月23日(木)まで実施予定です。

 

 

 

大阪サミット会場でもリサイクルトレイが活躍

2019年6月行われたG20の「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」および大阪サミットでは、近年国際的に大きな注目を集めている海洋プラスチックごみ問題についてプラスチックごみの海洋流出の阻止やイノベーションの促進などの議論が行われました。

 

本プロジェクトでリサイクルされた緑色のリサイクルトレイもプラスチックごみ問題解決のソリューションの1つとして、長野県軽井沢町で実施されたG20イノベーション展で展示されたり、大阪サミット会場のメディアセンターにあるダイニングエリアで世界の記者の食事を載せるトレイとして使用されたりしました。

 


 

ちなみに、YouTubeのマクドナルド公式チャンネルではおもちゃリサイクルプロジェクトの関連動画が公開中! こちらもあわせてチェックしてくださいね。

 

●マックでおもちゃリサイクル「おもちゃと育つ」篇(YouTube マクドナルド公式 McDonald’s)

 

●プラスチック・スマート(Plastics Smart)について

ハッピーセットのおもちゃリサイクルプロジェクトは、環境省が運営する「プラスチック・スマート」キャンペーンの一環として行われています。「プラスチック・スマート」キャンペーンは、消費者をはじめ、自治体、NGO、企業などの幅広い主体が連携・協力して取り組むことで、「プラスチックとの賢い付き合い方」を全国で推進し、国内外に発信していく活動です。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery