キャラグミン新発表もアリ! ボークス「第5回レールエキスポ京都」レポート

更新日:2013年11月22日 22:50
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

6月8日、9日にホビースクエア京都にて開催された鉄道模型イベント「第5回レールエキスポ京都」。ボークスのSRSの新アイテムの発表も行われた本イベントのレポートをお届けします。

 

 

 

 

イベントでは、ボークスが展開するSRS(SUPER RAIL SERIES )の第4弾である「DD51」が発表されました。DD51は1960年代~1970年代に製造されたディーゼル機関車で、現在でも一部が現役で運行されています。ファンの人気も高く、また2011年の東北地方太平洋沖地震では被災地の支援で活躍した車輌です。まずは「全重連 A寒冷地型」からスタートし、一般型などバリエーション展開を進めていく予定となっています。

 

また、会場ではAndroid&iOSのタブレット端末を使用して鉄道模型を制御するオーストリア・Roco社のDCC鉄道模型用コントローラー「Z21」の操作体験会も開催されるなど、鉄道ファンにとって、中々トピックスの多い2日間だったのではないでしょうか。

 

 

さて、そんな「レールエキスポ」で電ホビが注目したのはコチラ!

 

創芸社クリア文庫の人気作「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-」(著:豊田 巧 イラスト:バーニア600)のヒロインである「桜井あおい」です。展示されていたのはボークスのカラーレジンキット・キャラグミンの原型。正真正銘、「レールエキスポ」が初公開となるアイテムです。

 

ポーズは第1巻の表紙イラストがモチーフ。バーニア600先生のイラストの雰囲気もシッカリと再現されていますし、制服のシワや銃器など、各部の細かなディテールなどの作りこみが伝わって来ます。現在監修中のサフ吹き原型ではありますが、今後の展開が楽しみなクオリティですね。

 

 

 

 

 

…さらにイベントでは、本作の著者である豊田巧先生のトークショー&サイン会も開催されました。なんと、その席に「RAIL WARS!」のファンでもある、電ホビのスケールモデル担当編集が参加!

 

 

SRSシリーズのスケールモデル的な観点から見た魅力やキャラグミン「桜井あおい」の造形などなど、豊田先生、ボークスのSRS担当と共に大盛り上がり。トークショーの後に行われた豊田先生のサイン会も大盛況! 「RAIL WARS!」のファンの皆様の熱さが存分に伝わるイベントでした!

 

今後の電ホビではSRSと「RAIL WARS」、どちらの情報もこれからもガッツリと追いかけていきますよ!

お楽しみに!

 

<関連情報>

第5回レールエキスポ京都

『RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-』公式サイト

 

(C)創芸社クリア文庫

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery