「ままま式あぴミク」3Dモデル立体化計画【第3回】

更新日:2018年6月26日 15:07

▲強力な薬品なので手袋を忘れずに装着!

そんなアクシデントがありつつも、「ままま式あぴミク」、無事クリーニング完了(折れてるけど)! 通常のカラープリンタと同じインクヘッドを使用しているので、この状態ですでに彩色済み。「後で彩色するのかと思っていたら、色つきで出てくるんですね!」と感動する三澤さん。
しかし、このままでは強度がもろく、発色もぼんやりした状態。そこでここから最後の仕上げに移る。
立体の発色と強度を高めるため、特殊な薬品を全体に振りかけると、みるみるうちに鮮やかな彩色が浮かび上がるではないか! 「おおお! すごい! あっという間に鮮やかになった!」
このあと、しばし乾燥させればいよいよ完成です! 三澤さん、お疲れ様でした!

 

完成した「ままま式あぴミク」とともに一枚。「髪の毛とか服とか、すごく繊細だし生きてるみたい。パーツがバラバラになって出力されるのかと思ったら、ひとつになって出てきたのも驚きです。彩色もキレイ!」
興奮気味に語ってくれた三澤さん。次回は、取材では時間の都合で出力できなかったフルサイズの「ままま式」をプリントアウトした写真をたっぷりとお届けする予定。お楽しみに!

1 2 3 4 5
上に戻る