音で進化するサプライズペット「Rizmo(リズモ)」が世界同時展開!見た目の成長や放っておくとゾンビ化しちゃうユニークさも魅力!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タカラトミーより、音で“進化”するサプライズお世話ペット「Rizmo(リズモ)」全3種が登場! 2019年9月14日(土)から日本、アジア、ヨーロッパ、北米、南米にて世界同時発売となります。北米・南米・ヨーロッパ・オセアニアでは「トミーインターナショナルグループ」が発売するなど、30以上の国と地域にて順次展開されます。

 

 

「リズモ」は、世界的に人気ジャンルのペットトイ、そしてサプライズトイの要素を融合させた、音で“進化”するサプライズお世話ペットです。遥か銀河の彼方からやってきた、歌やダンスが大好きな、音を栄養にして進化する不思議な生きもの、というストーリーを持っています。パッケージに入っている状態では“地球への旅の途中で眠ってしまって”いますが、箱から出して抱きかかえると“自然と目覚め”、すぐに一緒に遊び始めることができます。

 

最初は丸い毛玉のような見た目の「あかちゃんのリズモ」ですが、お世話をすることで成長し、実際に姿や“できること”が変わっていきます。ゲームやアニメの世界の話だった“進化”を現実のものとして楽しめる、まさに子どもたちの夢を実現した玩具です。さらに、「おとなのリズモ」へと進化すると、見た目だけでなく新たな遊びも加わり、長く楽しむことができますよ。

 

▲進化イメージ

 

本商品には、①ふわふわでかわいらしい造形、②姿が変化する変形機構、③お世話やゲームなど遊びの中心となる電子機能という3つの要素が組み合わされており、タカラトミーがこれまで培ってきた多様な玩具開発のノウハウが活かされています。企画・開発は2017年秋から、“日本発のグローバルで展開する商品”を目指して、海外グループ会社「トミーインターナショナルグループ」と共同で進められ、文化や言語が違っても、子どもたちみんなが楽しめるようにユニバーサルな視点が取り込まれています。

 

万国共通で楽しめる夢のような“サプライズ”体験を通して、「リズモ」が世界中の子どもたちにとっての生涯忘れられない“おともだち”になってほしいという想いを込めて開発されたアイテムとなっています。

 

 

“音”を使った遊びやお世話が楽しめる!

リズモは歌やダンスが大好きな生きものです。そのため、リズモを転がすとメロディを口ずさむ「メロディ」遊びや、振ると楽器の音がする「がっき」遊びなどの、音にちなんだ遊びを一緒に楽しむことができます。さらに、“音”を栄養としているため、話しかけたり歌いかけたりしてあげることによって「おとのごはん」をあげることができます。「おとのごはん」で聞かせた音や声は、まねして繰り返してくれます。

 

 

応援されると「見た目」も「中身」も進化!

たくさん遊んでお世話してあげることで、リズモは進化できるようになります。ただし、進化の準備が整っても、リズモ1人では進化することはできません。リズモが進化の合図を出した時に、声や音で“応援”してあげると、応援のパワーを受けて進化することができます。

 

進化するタイミングは2回あり、1回目は可愛らしい「あかちゃんのリズモ」から遊び盛りの「こどものリズモ」へ、そして2回目は「こどものリズモ」から音楽の遊びがもっと得意な「おとなのリズモ」へとそれぞれ進化します。

▲あかちゃんのリズモ

 

▲こどものリズモ

 

▲おとなのリズモ

 

進化すると見た目が成長することはもちろん、中身も成長し、できることが増えることも特徴です。「おとなのリズモ」まで進化すると、それまでできなかった「ダンス」が踊れるようになったり、一緒に「ゲーム」を遊ぶことができるほか、「おとのごはん」を得意なサウンドにあわせて繰り返すなど、ともに過ごす時間をより一層楽しむことができるようになります。

 

 

どんな姿になるかは、お楽しみ!

リズモはベリー、スノー、アクアと3色で展開し、それぞれのカラーのリズモには2種類のタイプが存在します。どちらのリズモになるかは進化するまで分かりません。種類によって、耳の形や足のデザイン等見た目が違うだけでなく出てくるサウンドが異なります。

 

 

放っておくとゾンビになっちゃう!?

リズモが遊んで欲しくて鳴いたのに応えなかったり、ゲームの点数が低かったり、ちゃんとお世話をしないと背中の目が赤くなる「ゾンビリズモ」になってしまうことも……! 元に戻すには、揺らしたりタッチボタンを押したりしてリズモのゴキゲンを取ってあげる必要があります。

 

▲ベリー

 

▲アクア

 

▲スノー

DATA

Rizmo(リズモ)
(ベリー/スノー/アクアの全3種)

  • 商品サイズ:約W150×H190×D110(mm)(「おとなのリズモ」の場合)
  • 商品内容:リズモ×1、取扱説明書×1、クイックプレイガイド×1
  • 使用電池:単3型アルカリ電池×4本(テスト用電池×4個付き)
  • 対象年齢:6歳以上
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:各7,980円(税別)(海外売価例:北米参考店頭価格$59.99)
  • 2019年9月14日(土)世界同時発売予定
  • 国内の販売ルート:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など
  • 展開エリア:日本、中国、香港、台湾、韓国、フィリピン、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦、ロシア、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギー、スイス、スペイン、ポルトガル、イタリア、アメリカ、カナダ、メキシコ、チリ、ブラジル、コロンビア、オーストラリア、ニュージーランド

 

●「リズモ」と楽しめる遊び一覧

あかちゃんのリズモ・こどものリズモには5つの遊びが、おとなのリズモには7つの遊びがあります。

 

【あかちゃんのリズモ、こどものリズモとできる遊び】

  • 「おとのごはん」:リズモが「レディゴー」と言った後に、リズモにたくさん話しかけたり歌ったりして、“音のごはん”をあげましょう。聞いた音や声をモノマネします。
  • 「がっき」:リズモを縦や横に振るといろいろな楽器の音がして、サウンドを楽しめるモードです。リズモの気分によって、音色は変わります。
  • 「メロディ」:リズモをころころ転がすことでメロディを奏でます。(おとなのリズモではリズモをゆらして遊びます。)
  • 「スタンバイ」:リズモを揺らすといろいろなリアクションをしてくれます。
  • 「おやすみ」:リズモをゆらしていると寝息をたてて眠りにつきます。

 

【おとなのリズモとできる遊び】

あかちゃんのリズモ、こどものリズモとできる5つの遊びに加えて、「ダンス」「ゲーム」が追加になります。

  • 「ダンス」:いろいろな音や音楽などを聞くとダンスをします。
  • 「ゲーム」:メロディに合わせて胸のランプの色が変わり、その色に合わせてリズモを振ったり拍手するリズムゲームで遊べます。パーフェクトだとファンファーレが鳴ります。

 

 

「リズモ」オリジナルソング&ダンスについて

世界中の子どもたちに向けた商品として開発した「リズモ」の世界観や魅力を最大限に伝えるために、言葉を超えた共通言語として楽しめる「リズモ」のオリジナルソングとダンスが作られました。全世界共通のTVCMとWEB動画が製作されています。

 

 

●ダンス振付/ラッキィ池田氏

1959年生まれ。1980年代より独創的な発想の振り付けが各界の注目を浴び、これまでTV番組、CM、映画、舞台など数えきれないほどの作品を手がけています。NHK・Eテレ「いないいないばあっ!」「にほんごであそぼ」の振り付けをレギュラーで担当するほか、作詞、雑誌連載、吉本総合芸能学院(NSC)の講師など、多彩なシチュエーションで活躍しています。

 

●楽曲総合プロデュース/mihimaruGT miyake氏

紅白歌合戦2度出演。過去最高オリコンアルバムウィークリーチャート1位。シングルウィークリーチャート3位。ワンマンライブでは、日本武道館、横浜アリーナを経験し、韓国で行われたアジアフェスティバルにも出演。そして10年の活動を経て、グループは一時活動休止。2014年から音楽制作を中心とした会社BeeTonics Inc.」を設立。さまざまな才能を持ったクリエイターたちと日々、幅広い分野の作品に携わっています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) TOMY


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery